メルセデスF1のルイス・ハミルトン、“マジックボタン”に誤操作防止の対策 / 2021年 F1フランスGP
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPでの不運な誤操作を受け、“マジックボタン”の問題に対する一時的な解決策を講じたことを赤井らかにした。

F1アルバイジャンGPの残り2周のスタンディグスタートでの再開時、ルイス・ハミルトンは2番グリッドから抜群のスタートでセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の前に出たが、ターン1でロックアップしてエスケープに逃れることを余儀なくされ、ポイント圏外へと脱落した。

これは、メルセデスF1がフォーメーションラップやセーフティカー中にブレーキの熱でタイヤを温めるためにブレーキバランスを極端に前よりに変更する“ブレーキマジック”のボタンに誤って触れてしまったことが原因だった。

メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるマイク・エリオットは、F1アゼルバイジャンGPでのルイス・ハミルトンのミスについて「実際にはドライバーと話すことは許可されていないので、変更が必要な設定について話すことはできない」と説明した。

「その結果、可能な限り物事を簡素化しようとしており、ドライバーが使用できるツールを作成しようしている。ドライバーが実行しなければならない作業量を減らすようにしている」

「我々が持っているボタンの1つであるブレーキマジックと呼ばれるものは、正直なところ、私はなぜブレーキマジックと呼ぶのかは分かっていないが、ドライバーが押すことでブレーキに熱を伝えることができるボタンだ」

「大きなことの1つは、ブレーキバランスを動かすことだ。つまり、フロントブレーキエネルギーとリアブレーキエネルギーの比率が、可能な限り前方に移動する」

「これにより、フロントブレーキに熱を入れることができるため、リムとタイヤに熱を入れることができる」

「ルイスは正しいことをすべて行った。マシンをグリッドに入れ、スイッチを切るために必要なさまざまなボタンとセッティングをオフにし、スイッチを入れる必要があったセッティングをオンにした。彼は正しくレースをスタートできるすべての設定を行っていた」

「彼は素晴らしいスタートを切り、ペレスと並んで立ち上がった。彼とペレスがシャッフルするような位置にいたので、ルイスは方向を変えた。曲がる過程で、彼はマジックボタンに軽く触れてしまった。残念なことに、彼は自分がそれをしたことに気づいていなかったので、問題が発生するという意識はまったくなかった」

「彼がブレーキを踏んだ時点で、それは彼にとって通常のブレーキングポイントだったが、ブレーキバランスがすべて前にシフトされた状態だった。結果として、それらはロックし、その時点で彼にはコースを外れる以外に成す術はなかった」

F1フランスGPの木曜記者会見に出席したルイス・ハミルトンは、メルセデスF1と一時的な解決策を見い出したことを明らかにした。

「僕たちはその周りに覆う物を置いた。僕が今後それに誤って触れないことを確実にするためにね」とルイス・ハミルトンは明かした。

「それは短期間なものだ。当然ながら、ホイールの変更やボタンの移動はそれほど簡単ではない。僕たちは長期的な解決策を探してく」

世論に反して、ルイス・ハミルトンは、バクーでの一件は自分のミスではなく、マックス・フェルスタッペンとのタイトル争いとはまったく関係がないと強調した。

「間違いなく、マックスからのプレッシャーではなかったし、僕はあれをミスとは見なしていない」とルイス・ハミルトンは主張した。

「プレッシャーは感じていない。かなりリラックスしている。常に完璧であるとは限らない。ブレーキングポイントを逃してコースオフしたり、壁にぶつかったするのがミスだ」

「ある意味、凡ミスだった。実際には、そこに置いていれば、いつでも発生する可能性があった。残念ながら、かなり厳しいものだったけど、経験から学んでいく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1フランスGP