ルイス・ハミルトン 「もっと良いガイダンスがあれば自分が勝っていた」 / F1日本GP
ルイス・ハミルトンは、“もっと良いガイダンス”があれば自分がF1日本GPで勝っていたと感じているが、メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、戦略は常にバルテリ・ボッタスの勝利に傾いていたと述べた。

F1日本GPのレース終盤、ルイス・ハミルトンが1ストップ戦略を継続していれば、ルイス・ハミルトンが優勝し、メルセデスが1-2フィニッシュを達成する可能性があると思われた。

当初、メルセデスは無線でルイス・ハミルトンが1ストップ戦略を継続することを提案していた。バルテリ・ボッタスは2回目のピットストップを終えており、コース上でハミルトンを抜かなければならない状況にあった。

しかし、メルセデスは初期のダイヤデグラデーションのレベルに基づき、ルイス・ハミルトンの戦略を2ストップに変更した。結果的にセバスチャン・ベッテルの後ろの3位でフィニッシュしたルイス・ハミルトンは、2セット目のタイヤで最後まで走り切れたと感じているが、2度目のピットストップを指示された際に新品タイヤで反撃することに懸念はなかったと述べた。

「チームは僕を2ストップにした。彼らが僕にミディアムを履かせた段階でそうなるだろうことはすでにわかっていた」とルイス・ハミルトンはコメント。

「もっと良いガイガンスがあれば、最後まで走り切れたと思っている。タイヤを交換した際、彼らは『デグラデーションが高いので2ストップで行く』と言った。それがセブとのギャップを縮めるために僕が与えられた方向性だった」

「だから、僕がそのタイヤをどう使っていようと、最後まで走り切るつもりはなかった。最初からそのタイヤをやりくりしてマネジメントできるかどうかを見ると言われていれば、異なる方法で運転して最後まで走り切れたかもしれない。でも、それは後知恵だ」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンをもう1度ピットに入れるという決定は“五分五分”の決断であったが、最終的にルイス・ハミルトンにバルテリ・ボッタスを前に出すように求めていたシナリオもあったことを示唆した。

「今回のレースには多くのトリッキーな判断があった」とトト・ヴォルフは語った。

「もちろん、バルテリはセブがストールしたのを見逃さずにリードを奪ったのがレースの決定的な瞬間でした。3位のルイスは常に少し板挟みの状況だった」

「一旦リーダーしたらポジションを守る必要がある。3番目にいる場合はより多くのリスクとチャンスを得ることができる。そして、我々がしたことは、バルテリのリードを守り、セバスチャンが2度目のピットストップした後に、彼のレースからペースを奪うことだった」

「だから、バルテリの方に向くことは常に明らかだった。チームメイト同士で戦略を立てて戦っているわけではない」

「だが、2位を確保できたと言えるかもしれない。ルイスを再びピットインさせることは50/50判断だったと思う。我々は彼をステアウトさせ、ドライバーに尋ねるか、ドライバーにポジションを変えて、結果を返し、セバスチャンから守るように頼んでいた可能性があったかもしれない」

「そのため、彼をピットインさせて新しいタイヤを履かせるという決断が下された。その段階では正しい決定のように感じた」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがタイヤの問題に見舞われることなく、チェッカーフラッグに到達する可能性は低いと考えていたと語る。

「両方のタイヤが突然落ちた。みなさんはタイヤがかなり丈夫だと考えるかもしれないが、1周ごとにドライバーはグリップがなくなっていると感じており、両方のドライバーがそうを言っていた」とトト・ヴォルフはコメント。

「ルイスが2回目にタイヤ交換を行った際、彼のフィードバックは、タイヤがグリップを失い、その段階ではセバスチャンから守るのは非常に困難だというものだった」

「いずれにしろ、我々たちがやろうとしていることを彼が知っていた。それはバルテリにとって決して問題ではなかった。」

レース中、ルイス・ハミルトンは、ハードタイヤに交換して最後まで走り切るという決断をしなかったことに不満を述べていた。トト・ヴォルフは、ドライバーがチーム決定に疑問を抱くことに問題はないと語る。

ルイス・ハミルトンの無線について質問されたトト・ヴォルフは「我々は、ドライバーは勝つことを切望しており、あらゆる機会を最大限に活用したいということを完全に把握しているので、まったく問題ではない」とコメント。

「そして、ドライバーがそうしないのでは単に悩ましいだけだ。我々はお互いの立場を完全に理解していると思う。そして、ルイスはそれを非常によく知っており、完全に理解している。ガレージとピットウォールの我々にとって、最大ポイントを確保するための決定を下すことは非常に困難だ」

「異なるポジションを受け入れる限り、私たちは常に戻って議論し、さらに強力なユニットとして前進してきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1日本GP