F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、バルテリ・ボッタスとは戦略が異なっていたため、セーフティカーが入らなくてもF1イギリスGPで勝っていたと考えている。

ルイス・ハミルトンは、レース序盤にポールシッターのバルテリ・ボッタスとバトルを展開したが抜くことがきず、16周目にボッタスがピットインするまで2番手を走行していた。

ステイアウトして暫定首位に浮上したルイス・ハミルトンは、20周目にセーフティカーが入ったことでフリーストップを得てタイヤ交換後もトップでコースに戻ることができた。

ルイス・ハミルトンは、新品のハードタイヤで1ストップ戦略を成功させ、F1イギリスGPでの史上最多勝利となる6勝目を達成。一方、2ストップを選択したバルテリ・ボッタスは、ハミルトンの20秒後方でゴールしている。

「僕は1ストップで行くつもりだったし、バルテリ・ボッタスは2ストップだった。だから、何も違いはなかったと思う」とルイス・ハミルトンはコメント。

「セーフティカーは違いを生み出さなかった。彼が16周目にピットに入ったとき、それを可能な限り総裁することが僕の計画だった。その後、4周くらい走ったと思うけど、あと1~2周はいけたと思う」

「当時、彼は僕を捕えてはいなかった。彼は僕を捕えなければならなかったけど、それができていなかったし、僕はほぼ同じギャップを保っていた」

「彼は僕のウィンドウ内の0.7秒でピットから出てきた。だから、僕がピットインしても彼は0.7秒前にいたはずだ。それが1秒になり、1.5秒になり、1.5秒から2秒に留まっていた」

「もう1周していたらあそれは2.5秒になっていただろうし、僕が望めば新品のハードタイヤで彼の直後にいたかもしれない。そして、彼はピットインしなければならなかった」

「まだ21秒のギャップがあったはずだ。だから、あまり違いはなかった。僕が彼の後ろになっていたとしても、もちろん、彼をオーバーテイクするつもりだった。でも、後から考えれば、実際にそれをする必要はなかったけどね」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスの当初の計画は二人とも2ストップで走ることだったが、自分で1ストップにすることを選んだと付け加えた。

「合意はしていなかったし、できるかもしれないと言われた。なおで、オプションを検討したし、常に相殺したいと思っていた。だから、ボノ(レースエンジニア)が無線で『どのタイヤがいいか?』と言ってきたときに『ハードがいい』と答えた」

「1ストップを完了できることがわかっていたか? そこまでではない。でも、着手してすぐに非常に強いことがわかったし、すぐに特にタイムを諦めなければならないとも思わなかった。だから、ステイアウトすることに決めた」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフはチームの戦略について「午前中の戦略ミーティングでは、実際、2番手を走っているドライバーにとって可能なオフセット戦略があるかどうかを考えていた。同じタイヤを履いていたら、どのようにレースが終わっていたかをね」とコメント。

「その提案を受け、2番手を走行しているドライバーは中盤にハードタイヤを履くオフセット戦略を実行することにした」

「ハードタイヤのデータが不足していたため、1ストップを達成できるかどうか確信がなかったし、おそらく2ストップになるだろうと考えていた。それがレースの展開であり、二人とも素晴らしいレースを走った」

「二人ともレースの勝利に値していたし、あの場合はセーフティカーは一方のドライバーに有利に傾いた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス | F1イギリスGP