ルイス・ハミルトンの2020年01月のF1情報を一覧表示します。

F1 | ルイス・ハミルトン 「メルセデスとの契約難航の報道はでっち上げ」

2020年1月30日
F1
現役F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、メルセデスと2021年以降の契約についてまだ議論していないと主張し、自分の将来を取り巻く報道を否定した。

2013年からメルセデスに在籍するルイス・ハミルトンは、現在の2年間の契約が2020年末で失効する。将来的なフェラーリ移籍の可能性を否定してはいないハミルトンだが、キャリアで唯一提携していたメルセデスに留まりたいとの意向も示している。

F1 | フェルナンド・アロンソ 「ルイス・ハミルトンにも弱点はある」

2020年1月30日
F1
元F1ドライバーのフェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトンを称賛しつつも、ライバルたちはハミルトンの弱点を突くことができていないと主張する。

フェルナンド・アロンソは、2007年にマクラーレンでチームメイトとなったルイス・ハミルトンと困難な時間を過ごした。だが、10年以上の月日が流れ、お互いを尊重するように二人の関係は変わっていった。

F1 | レッドブル 「ハミルトンの要求額を払えるのはフェラーリくらい」

2020年1月29日
F1
レッドブルF1のモータスポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンは自分を高く売りこみすぎてF1マーケットから相手にされない可能性があると語る。

3強チームのうち、フェラーリはシャルル・ルクレールと2024年まで、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンと2023年まで契約を延長し、将来のナンバー1ドライバーを確保。2020年でメルセデスとの現行契約が失効するルイス・ハミルトンは、2021年以降もメルセデスに残留することが予想されている。

F1 | ルイス・ハミルトン、メルセデスに年俸72億円の4年契約を要求

2020年1月28日
F1
6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、メルセデスに年俸6600万ドル(約72億円)の4年契約を要求し、交渉は難航していると報じられている。

3強チームのうち、フェラーリはシャルル・ルクレールと2024年まで、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンと2023年まで契約を延長し、将来のナンバー1ドライバーを確保。2020年でメルセデスとの現行契約が失効するルイス・ハミルトンは、2021年以降もメルセデスに残留することが予想されている。

F1 | ルイス・ハミルトン、メルセデスとの契約延長交渉が難航との報道

2020年1月27日
F1
ルイス・ハミルトンとメルセデスの契約延長交渉は難航していると保持られている。

ルイス・ハミルトンとメルセデスの現行契約は2020年末までとなっているが、最近の報道では、2022年までの契約延長で合意に迫っているとされていた。

しかし、 Correre dello Sport は、両者の間で契約期間と報酬に大きな隔たりがあると報道。

F1 | 第三期ホンダF1はルイス・ハミルトンの獲得を検討していた

2020年1月24日
F1
6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2013年にマクラーレンからメルセデスのワークスチームに移籍した。これは、ハミルトンにとってF1キャリアでの唯一の移籍となっているが、キャリア全体で同じチームで走っていた可能性があった。

現在のメルセデスF1チームは、ホンダのファクトリーチームであり、当時のチーム代表を務めていたニック・フライは、まだGP2で活動していたルイス・ハミルトンの獲得にホンダが関心を示していたと F1 Racing のポッドキャストで明かした。

F1 | 「ハミルトンはセナやシューマッハよりも優れた才能」とバリチェロ

2020年1月24日
F1
元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、ルイス・ハミルトンはすでにF1史上最高のドライバーであり、F1の伝説であるアイルトン・セナやミハエル・シューマッハよりも優れているかもしれないと語る。

F1では、世代を超えて誰が最も偉大なドライバーであるかの議論が常に行われているが、マシン性能やレース数といった違いを理由に明確な答えを出すことは困難だ。

メルセデスF1 「ルイス・ハミルトンとの契約延長が最優先事項」

2020年1月24日
メルセデスF1 「ルイス・ハミルトンとの契約延長が最優先事項」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがチームを去ることを決めた場合、メルセデスは代わりに優れたドライバーを引き付けることができるが、6回のF1ワールドチャンピオンを保持することがチームの最優先事項だと認める。

3強チームのなかで、フェラーリはシャルル・ルクレール、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンとの契約を複数年延長。ルイス・ハミルトンは新たに2年間契約を延長するとの噂が浮上している。

F1 | ルイス・ハミルトン、7回目の王座にむけて「若手の2倍の努力が必要」

2020年1月22日
F1
ルイス・ハミルトンは、7回目のF1ワールドチャンピオン獲得に挑む2020年のF1世界選手権にむけて“これまで以上に調子はいい”と感じているが、若手ドライバーと対決するためには“2倍の努力が必要”だと語る。

今年で35歳になったルイス・ハミルトンはF1グリッドに2番目に年長のドライバーとなり、昨年はマックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールといった若手から真剣な挑戦を受ける立場となった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム