「ニキータ・マゼピンはF1でミック・シューマッハの理想的な僚友ではない」とニコ・ヒュルケンベルグ
ニキータ・マゼピンはミック・シューマッハにとって理想的なF1チームメイトではない。それは今年はF1グリッドにいないが、メルセデスとアストンマーティンのリザーブドライバーとして活躍している新人シューマッハの同胞ニコ・ヒュルケンベルグの見解だ。

33歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2022年のジョージ・ラッセルのウィリアムズF1のシートともリンクしている。

ミック・シューマッハの2021年の進歩について、ヒュルケンベルグは「彼にとって今年は簡単な年ではないが、彼の学習曲線は本当に上昇しているし、安定していると思う」とRTLに語った。

「彼は本当に良い仕事をしている」

しかし、22歳のミック・シューマッハが駆る今季のハースF1マシンに競争力はなく、フェラーリジュニアはアルファロメオF1への移籍が取り沙汰されている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、キミ・ライコネンの将来が不透明であることを認めているが、2022年にアルファロメオのF1シートがミック・シューマッハの選択肢であるとする元F1責任者のバーニー・エクレストンの意見に反論する。

「彼は私よりも多くのことを知っているのかもしれないね」とフレデリック・ヴァスールは Ilta Sanomat に冗談めかして語った。

ニコ・ヒュルケンベルグによると、ミック・シューマッハにとって2021年の別の問題は、チームメイトであり、ルーキーの仲間であるニキータ・マゼピンだ。

「彼(シューマッハ)は明らかにあまり競争力のないマシンを運転している。もちろん、それは特に新人にとって簡単なことではない」とニコ・ヒュルケンベルグは言った。

「周りでは非常に多くのことが起こっている。学ぶべきことがたくさんある。そして、競争力のないマシンでは、すべてのレースで周回遅れにされてしまう。実際には、チームメイトとしか戦えない」

物議を醸しているニキータ・マゼピンについてニコ・ヒュルケンベルグは「競技という観点で、彼は最高の基準ではないと思う」とコメント。

「おそらく彼の性格も挑戦だ。なぜなら、2人の間には少し摩擦があることがすでにわかるからだ」

「不公平なレース状況もいくつかあったが、それがその一部にすぎないこともあった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ / ミック・シューマッハ / ニキータ・マゼピン