ハースF1チーム 「スタッフの検査結果が出るまで何も言えない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、現在、新型コロナウイルス感染の疑いで隔離状態にある4人のチームメンバーの結果を待って、次のステップを進めるというアプローチをとると述べた。

F1サーカスは開幕戦のためにオーストラリアのメルボルンに上陸しているが、水曜日に2名、木曜日にさらに2名のメカニックとエンジニアが新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして隔離され、診察結果を待っている。

「午後に結果がわかるはずであり、それまでは何もわからない」とギュンター・シュタイナーは語った。

「推測したくはない。私は医者ではないし、検査が陰性に戻り、我々が望むように進み続けることを願っている」

ギュンター・シュタイナーはまた、新型コロナウイルスの急速に変化する性質を考えれば、現在の状況に対してF1側が責任を負うべきだという提案を拒否した。

「状況は1時間ごとに急速に発展している。つまり、誰もそれを完全にコントロールすることはできない」とギュンター・シュタイナーは語る。

「彼らだってどうなるかはわからなかったわけではし、FIAとFOMが十分なリーダーシップを発揮しなかったと言うつもりはない」

「私は日曜日からここにいる。日曜日はここでウイルスに問題はなかったが、エスカレートしていった。以前、米国では現在30日間ヨーロッパへのフライトがないことを聞いた」

「状況は1時間ごとに動いているので、とにかく我々はコミュニティにとって最善であるように従う必要がある」

ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズも呼応する。

「どんな業界で働いているかにかかわらず、どんな仕事でも扱うのは信じられないほど難しく、簡単ではないと思う」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「責任を持って行動し、必要なことを行うためにできる限り最善の仕事をしたと思っていますが、明らかに流動的な状況であり、管理するのは簡単なことではありません」

「それは彼らが管理している状況であり、彼らは関係当局と密接に協力してそれを管理しています」

「結局のところ、それは次第です。私はここで信じてますし、これについての専門家ではありませんが、ここで最終的な判断を下すのはオーストラリア政府次第だと思います」

今朝、ヴィクトリア州の最高保健責任者であるブレット・サットンは、人々を強制検疫下に置くことで、レースを事実上に中止する可能性があることを明らかにした。

F1オーストラリアGPの開催可否についてブレット・サットンは「気分が悪く、隔離された状態で検査が保留になっているスタッフがいることは承知している。その検査結果次第だ」と SEN にコメント。

「彼らがすべて陰性で、または症状が出ている他の全員が陰性で、他のスタッフを濃厚接触をしていないのであれば、彼らは続けることができると言える。

「しかし、彼らが陽性で、彼らが他の多くの人々をと濃厚接触していた場合、接触した全員が隔離される必要がある」

「それは彼らに継続するための運用スタッフをいるかどうかの問題となる」

F1は金曜日に2回のプラクティスセッションを予定しているが、ギュンター・シュタイナーは感染が疑われている4人のチームメンバーがいなくても参加するために必要なリソースがいると確信していると述べた。

関連:F1新型コロナウイルス問題:ハースにさらに2名の感染疑いで中止の危機

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース