BELL 「ロマン・グロージャンのヘルメットバイザーは溶けてなどいない」 / F1バーレーンGP 事故検証
ロマン・グロージャンにヘルメットを供給するBELLは、F1バーレーンGPでのマシン火災のなかでヘルメットバイザーが“溶けていた”とする報告を否定。“完全に問題なかった”と反論した。

ロマン・グロージャンの恐ろしい事故現場に駆け付けたF1チームメディカルオフィサーのイアン・ロバーツは、グロージャンのバイザーが「完全に不透明になっており、実際には溶けていた」と語っていた。

しかし、ロマン・グロージャンのヘルメットのサプライヤーであるBELLはそれを否定。CEOを務めるステファン・コーエンは、彼らの製品の性能に欠陥はないと主張した。

ステファン・コーエンは、ロマン・グロージャンのヘルメットを検査したところ、「そのような状況で期待されたとおりに機能していた」と語った。

「耐火性に関しては、すべてが正常に動作していた。バイザーは完全に問題なかった。溶けたのは、バイザーの外側に貼り付いていたティアオフだけだった。それにより、特に火事が発生したヘルメットの左側で、バイザーが非常に不透明になっていた」

ヘルメットは、1976年のニュルブルクリンクでの大クラッシュでニキ・ラウダが受けた肺の損傷からロマン・グロージャンを保護するのにも役立った。

ステファン・コーエンは、BELLのヘルメットががその点でどのように機能していたかを「非常に誇りに思っている」と述べ、次のように付け加えました。

「静止状態で、ヘルメットの外側から内側への空気の循環はほとんどない。これは我々におって非常に重要なエリアだ」

「ベルとして、我々は標準的な満たすだけでなく期待を超えていると誇らしげに言うことができる」

「この種の事故では、25秒以上火の中にいると、肺に損傷を与える高温のガスや蒸気の煙を吸い込む傾向がある。そして、それは起こらなかった。ヘルメットの中には何も入っていなかった」

「我々はそういった予期しない状況でのヘルメットの性能に非常に満足している」

ロマン・グロージャンのヘルメットの性能は、一見、生き残ることが不可能に見えたクラッシュから彼が生還することができた理由の1つにすぎない。

現在、FIAは他の証拠とともに、何が起こったのかを正確に検証し、将来のクラッシュでドライバーを安全に保つためにさらに改善するために研究を進めている。

「コミュニティとして、FIA、ヘルメットメーカー、そして、安全に関わるすべての人が、大幅な減速があったものの、ロマンにずっと意識があったことを誇りに思う」とステファン・コーエンは語った。

「誰もが知っているように、彼は衝撃にノックアウトされず、マシンから降りることができた。彼が無意識だったらどうなっていたか想像できるだろうか? まったく違う結果になっていただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ヘルメット / F1バーレーンGP / ハース