ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1でハミルトンを倒せば通常ならチャンピオン」
ジョージ・ラッセルはF1ワールドチャンピオンになる準備が整っている。メルセデスF1にとって困難なシーズンに、彼はチャンピオンシップでルイス・ハミルトンを破り、F1勝利を挙げた。

メルセデスF1での最初のシーズンは、ジョージ・ラッセルが望んでいたようにはいかなかったかもしないが、ラッセルは昨年を満足して振り返ることができる。彼は土壇場でF1初勝利を挙げただけでなく、チャンピオンシップでルイス・ハミルトンを35ポイントリードすることに成功した。

メルセデスF1は反抗的な W13 で一年中苦戦していたが、オースティンで導入した包括的なアップデート パッケージで大きな一歩を踏み出した。

ジョージ・ラッセルは上昇傾向を継続し、2023年にF1ワールドチャンピオンを争うことを望んでいる。

「ワールドチャンピオンに勝つ準備は完全にできている」とジョージ・ラッセルは Sky Sports とのインタビューで語った
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1の最初の年にチームメイトを打ち負かしたことを喜んでいるが、それは余談となった。

「今年の初めにそう言われたら、とてもうれしかっただろう。なぜなら、メルセデスF1でルイス・ハミルトンを倒すことができれば、ほとんどの場合、それはワールドチャンピオンになることを意味するからだ」とジョージ・ラッセルは説明する。

後者は実現しなかったが、ジョージ・ラッセルは昨シーズンを「非常に重要な」学びの年と呼んでいる。

「間違いなく本当に強い冬を過ごすつもりだ。チームと一緒に一生懸命働くつもりだ。メルセデスのファクトリーの一人一人が、来シーズンに僕たちに戦うチャンスを与える車を届けるために地獄のようにプッシュするだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ルイス・ハミルトン / メルセデス