ルネサスエレクトロニクス フォーミュラE マヒンドラ&マヒンドラ
インドの電気自動車開発のパイオニアであるマヒンドラは、ルネサスエレクトロニクスをマヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームのオフィシャル・テクノロジー・パートナーとして迎え、戦略的提携関係を構築したことを発表した。

本戦略的提携を通じて、マヒンドラとルネサスの両社はそれぞれの強みを持ち寄り、インドなど新興市場向けのEV、パワートレイン、ADASなどの開発・製造に向けて提携関係を拡大していく。

また、EV開発においてフォーミュラEを技術開発のプラットフォームとして活用するマヒンドラの「Race to Road方針」(レースで使用した技術を量産車に適用する方針)に基づき、マヒンドラとルネサスの両社は、レーシングカーおよび量産車のPoC(proof-of-concept:プロトタイプ実装に際しての機能検証工程)の開発を含め、幅広い項目で提携していく。

パワン・ゴエンカ (マヒンドラ エグゼクティブディレクター)
「フォーミュラE選手権シーズン4の開幕にあたり、ルネサスをマヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームの主要なテクニカル・パートナーとして迎えることを大変嬉しく思います。フォーミュラEはマヒンドラのEV技術・ノウハウの発展に資するものであり、また、今回のルネサスとの戦略的提携により、EV技術の開発は加速すると考えています。ルネサスと提携することで、同社の車載半導体での知見を活かして、マヒンドラのフォーミュラE選手権でのポジションを押し上げ、急成長中のインドEV市場において引き続きパイオニア的存在たり得ることを期待しています。」

大村隆司 (ルネサス 執行役員常務)
「インドはルネサスが注力する市場の一つであり、特にEV分野を中心に、今後の事業拡大が期待されます。インド政府は2030年までに、インドで販売される全自動車をEVのみに制限する政策を発表しており、今後インドのEVとしては膨大な市場機会が広がっています。マヒンドラとの今回の提携を通じて、ルネサスは卓越した設計技術をオープンで包括的なプラットフォームである“Renesas autonomy™”に搭載し、インド市場に提供できることを嬉しく思っています。マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームのスポンサーとなることも非常に光栄であり、当社の先進的な半導体技術によって、マヒンドラのEVの性能やレーシング・チームのパフォーマンスの引き上げに貢献したいと考えています。」

ルネサスは、世界をリードする車載半導体サプライヤーであり、EVを自動車事業の注力分野の一つと位置づけ、今年初めに発表したRenesas autonomyを中心として、包括的なソリューションを開発している。Renesas autonomyはオープンで革新的かつ高信頼性のプラットフォームとして、自動運転化や電動化、コネクト化の進む自動車の開発を加速させ、早期普及に貢献することを目指している。Renesas autonomyには、モーターやインバータ制御技術、バッテリーマネジメントなどEV開発に必須なコア技術が含まれている。

マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム
マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームは世界初のEVレースであるFIAフォーミュラE選手権において、同選手権スタート時の10チームの1つであり、唯一のインド系のチーム。2017年7月に終了したシーズン3で走行したレーシング・カー「M3Electro」は、チーム初の優勝をはじめとして、表彰台に上がること10回、ポールポジション獲得を3回、最速ラップ賞獲得を2回もたらし、高い競争力を示している。こうした好成績により、マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームはチーム戦では3位となり、個人戦でも新人ドライバーのフェリックス・ロゼンクヴィストが3位を獲得しました。2017年12月に香港にて開幕するシーズン4では、チームは新たに開発したレーシング・カー「M4Wlectro」で技術とイノベーションの限界に挑戦していく。

FIAフォーミュラE選手権
FIAフォーミュラE選手権は、公道を走る電機自動車のレースであり、世界初のフル電動フォーミュラカーのモータースポーツ。フォーミュラEは、ニューヨーク、香港、パリ、ローマなどの世界の主要都市の美しい景色を背景に公道を電動で走り抜ける。フォーミュラEは2014年9月に北京のオリンピック公園にて初めて開催された。4シーズン目となる今年は、10チームのドライバー20人が5大陸の11都市で優勝目指して競い合う。香港にて2017年12月2-3日にシーズンが開幕し、2018年7月28-29日のモントリオールにて閉幕する。フォーミュラEはサステイナブルなモビリティソリューションを加速させるカタリストとして、自動車技術について競争力あるテスト・開発のプラットフォームとなる。EV部品の設計や機能の改良、また世界中の人々の日常の運転環境の改善に貢献する。そのため、アウディがサポートするABT Schaefflerチームのルーカス・ディ・グラッシがチャンピオンの座の防衛を狙う本年のシーズン4では、より多くの企業が参加している。シーズン5ではさらにBMWや日産などのビッグネームが車体や電池を新調してフォーミュラEに参戦し、またその翌年にはメルセデスベンツやポルシェも参加を計画している。

マヒンドラ
マヒンドラグループは19億米ドルの売上規模を有する企業グループであり、革新的なモビリティソリューションを提供することで、農村の繁栄を促進し、都市生活を豊かにし、新しい事業やコミュニティを育んでいる。インドにおける業務用実用車、IT技術、金融サービス、バケーションオーナーシップについて、リーディングポジションにあり、またトラクターの生産台数では世界最大のメーカーだ。農業関連産業、部品、商用車、コンサルティングサービス、エネルギー、産業機器、物流、不動産、鉄鋼、航空、防衛、二輪車などにおいても強いポジションをも有している。本社はインドに所在し、世界100か国に20万人の従業員を抱えている。

ルネサス
ルネサス エレクトロニクス株式会社は、人々が安心・安全に暮らせる社会を実現するために、あらゆるモノとモノをつなぎインテリジェント化することを通して、組み込み機器に進化をもたらしている。そして、無限の未来をカタチづくるために、自動車、産業、OA (Office Automation)・ICT (Information Communication Technology)分野に対して、世界トップシェアのマイコンに加え、アナログ&パワーデバイス、SoCなどの各種半導体と幅広いソリューションを提供している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE