フォース・インディア:F1アゼルバイジャンGP 予選レポート

2017年6月25日
フォース・インディア F1 アゼルバイジャンGP
フォース・インディアは、F1アゼルバイジャンGPの予選で、セルジオ・ペレスが6番手、エステバン・オコンが7番手だった。

セルジオ・ペレス (6番手)
「6番手にかなり満足している。Q3の赤旗は役に立たなかった。まだ競争力のあるタイムを記録できていなかったし、最後に結果を残すチャンスが1回だけになってしまったからね。通常であれば、アウトラップ、準備ラップをしてからプッシュするけど、時間がなかった」

フォース・インディア:F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行レポート

2017年6月24日
フォース・インディア F1 アゼルバイジャンGP
フォース・インディアは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行で、セルジオ・ペレスが7番手タイム、エステバン・オコンが9番手タイムを記録した。

セルジオ・ペレス (7番手)
「まず何より、クルマを素早く修復してくれたメカニックとチーム全体に感謝したい。彼らはピットレーンのなかでも最高のスタッフだし、まさにその理由を示してくれた。午前中は限界を見つけることが重要だったし、それができたと思う。明日ではなく、今日起こって良かったよ」

エステバン・オコン、ピンク色の新しいレーシングスーツを披露

2017年6月23日
エステバン・オコン F1
フォース・インディアのエステバン・オコンは、今週末のF1アゼルバイジャンGPでピンク色の新しいレーシングスーツを着用する。

今年、フォース・インディアはオーストリアの水関連企業BWTと契約。マシンのカラーリングとドライバーのヘルメットをBWTのイメージカラーであるピンクに変更している。

セルジオ・ペレス:2017 F1アゼルバイジャンGP プレビュー

2017年6月22日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1アゼルバイジャンGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「モントリオールの後は多くのことを言われたし、多くのことなる意見があった。でも、僕はチームがチームオーダーなしに僕たちにレースをさせるという決定をしてくれたことを嬉しく思っている。僕はずっとチームのために最高の結果を出そうと戦うし、自分たちのレースを誇りに思っている」

ゲルハルト・ベルガーの甥がF1テストデビューとの報道

2017年6月22日
ルーカス・アウアー F1 ゲルハルト・ベルガー
ゲルハルト・ベルガーの甥が、F1でレースをするという目標に大きく近づくことになるようだ。

ゲルハルト・ベルガーの妹クラウディアの息子であるルーカス・アウアー(22歳)は、今年、メルセデスからDTMに参戦し、タイトル争いを繰り広げている。

メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ルーカス・アウアーがF1キャリアに必要な“すべてを兼ね備えている”と評価している。

フォース・インディア、“国際色豊か”なチーム名への変更を検討

2017年6月15日
フォース・インディア
フォース・インディアは、新たな商業パートナーを引きつけるためにチーム名を“国際色豊か”な名称に変更することを検討している。

1991年にジョーダン・グランプリとしてスタートしたチームは、数回のオーナー変更を経て、2008年にインドの実業家であるビジェイ・マリヤが買収し、フォース・インディアとして参戦している。

セルジオ・ペレス 「チームオーダーを無視したわけではない」

2017年6月14日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、F1カナダGPでチームオーダーを無視したわけではないと主張する。

セルジオ・ペレスは、F1カナダGPで表彰台を狙うためにタイヤがフレッシュなチームメイトのエステバン・オコンを前に出すというチームからの指示を無視し、最終的にはセバスチャン・ベッテルに先行を許した。

フォース・インディアに遺恨 … ペレスがチームオーダー無視

2017年6月13日
フォース・インディア F1 カナダGP
セルジオ・ペレスは、F1カナダGPの決勝でエステバン・オコンと順位を入れ替えるというチームオーダーを無視するという自分の決定を擁護した。

フォース・インディアの2台は、3位表彰台を目指してレースの大半でダニエル・リカルドを追っていた。フォース・インディアは、後方にいたエステバン・オコンの方がタイヤがはるかにフレッシュなため、リカルドを抜くチャンスがあると考えた。

フォース・インディア:ダブル入賞も遺恨を残すレース / F1カナダGP

2017年6月12日
フォース・インディア F1 カナダGP
フォース・インディアは、F1カナダGPの決勝で、セルジオ・ペレスが5位、エステバン・オコンが6位でレースを終えた。

セルジオ・ペレス (5位)
「とても激しい午後だったので5位を獲得できて嬉しい。ほぼレース全体でダニエルの真後ろのDRS圏内を走っていたし、オーバーテイクできる機会を待っていた。彼が特定のエリアで苦労していたのがわかったし、僕たちは周回遅れのトラフィクに差し掛かっていたので、僕は彼をオーバーテイクするチャンスに値すると思っていた」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム