F1 セルジオ・ペレス エステバン・オコン
セルジオ・ペレスは、元チームメイトのエステバン・オコンとの関係は“決して良いのではなかった”と明かす。

セルジオ・ペレスとエステバン・オコンは、フォース・インディアで2年間チームメイトを過ごした。しかし、ローレンス・ストロールのチーム買収によって2019年からエステバン・オコンに代わってランス・ストロールが加入。オコンはF1シートを喪失することになった。

セルジオ・ペレスとエステバン・オコンは、2017年のアゼルバイジャンGPとベルギーGPで同士討ちを演じで緊張関係がたかった。これにより、チームはコース上でのチームメイト同士のバトルを禁止した。だが、二人は今年のシンガポールGPで二人は再び同士討ちを演じている。

「正直、決して良いものではなかった。素晴らしい関係とは言えなかった」とセルジオ・ペレスはコメント。

「過去のチームメイトとは、外部でもより多くの友好があった。以前に(ニコ)ヒュルケンベルグともそうだったけどね。常にハードだったし、僕たちはとても競争力があった。でも、チームメイトでなくなったら突然少し中は良くなったりする。場合によるけどね」

セルジオ・ペレスは、2019年にランス・ストロールとチームを組み、エステバン・オコンはメルセデスのリザーブドライバーを務めながら2020年のF1復帰を目指す。

ランス・ストロールについてセルジオ・ペレスは「F1では他のチームからくるドライバーを知って、準備するのはとても難しい、結果の95%はクルマによって達成される。彼はクルマによって厳しいシーズンを過ごしたのは確かだ。ウィリアムズの多くのトラブルを抱えていた」とコメント。

「でも、彼には間違いなく才能がある。彼は表彰台に上がっている。ウエットでは常に競争力を発揮していた。世界で最高のエンジニアにいる素晴らしいチームに来ると思うよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア | エステバン・オコン