F1 フォース・インディア ランス・ストロール
フォースインディアのチームプリンシパルを務めるオトマー・サウナウアーは、2019年に加入するランス・ストロールは、すでに前任のエステバン・オコンと同じレベルにいると語る。

ランス・ストロールは、アブダビで開催されたピレリのタイヤテストでフォースインディア VJM11で初走行。合計178周を走り込み、2日間の総合で19人中4番手のタイムを記録した。

その後、フォースインディアは、2019年のドライバーとしてランス・ストロールを起用することを正式発表。セルジオ・ペレスとともに新シーズンを迎える。

ランス・ストロールの父親ローレンス・ストロールは、投資家の組んでコンソーシアムを今年の夏に破算管理下にあったチームを救済。息子のチーム加入はその時から既定路線として考えられていた。

オトマー・サフナウアーは、ランス・ストロールを高く評価しており、アブダビテストではエステバン・オコンに匹敵するペースをすぐに発揮していたと述べた。

「ランスはクルマでの時間を本当に楽しんでいたし、自分が望んでいることをできる優れたクルマだと言っていた。我々はランスに感銘を受けた」とオトマー・サフナウアーはコメント。

「我々は彼がシミュレーターで走ったときからすでに彼に感銘を受けていた。彼は非常に素早くペースを発揮し、シミュレーターでエステバン(オコン)のレベルまで至っていた」

「我々は彼がシミュレーターで示していたペースをレーストラックでも発揮されることを期待していたし、その通りになった。彼はコース上でも非常に速かった」

「ランスには優れたポテンシャルがあるし、タイアの走らせ方、保護する方法、速く走らせる方法やスティントを超えて長持ちさせる方法など、我々が知っていることを彼にうまく教えて彼と仕事をしていく。彼と一緒にそれを行い、予選でも良くなる手助けをしていく」

「だが、彼は素晴らしいスキルを持ち合わせているし、彼は速い。彼は通常、スタートや1周目に素晴らしい仕事をして順位を上げている。彼と仕事をするのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | エステバン・オコン | ランス・ストロール