FIAの2019年11月のF1情報を一覧表示します。

FIA、ホンダのF1エンジンの燃料システムも調査

2019年11月23日
FIA、ホンダのF1エンジンの燃料システムも調査
FIA(国際自動車連盟)は、ブラジルGPにホンダのF1エンジンの燃料システムも調査していたことが明らかになった。

FIAは、F1ブラジルGP後に3つの燃料システムを押収して調査を実施。1つ目はフェラーリ、2つ目はフェラーリのカスタマーチーム、3つ目はフェラーリ以外のマシンから燃料システムを押収したとされていた。

FIA、2020年に2つ目の燃料流量センサーを追加する技術指令を発行

2019年11月22日
FIA、2020年F1マシンに2つ目の燃料流量センサーを追加する技術指令を発行
FIA(国際自動車連盟)は、F1チームがパフォーマンス向上のためにルールを悪用することを防ぐべき、2020年F1マシンに2つ目の燃料流量センサーを搭載することを義務化した。

FIAは、F1ブラジルGP後に3つの燃料システムを押収して調査を実施。1つ目はフェラーリ、2つ目はフェラーリのカスタマーチーム、3つ目はフェラーリ以外のマシンから燃料システムを押収したとされている。

フェラーリ F1エンジン論争 | FIAが燃料システムを押収して徹底調査

2019年11月21日
フェラーリ F1エンジン論争
フェラーリのF1エンジンの“不正行為”疑惑に新展開。FIA(国際自動車連盟)はフェラーリの2019年F1マシンの燃料システムを没収して徹底調査を行うと報じられている。

フェラーリは、夏休み後にF1エンジンで大幅なパフォーマンス向上を果たしたが、エンジン規約が安定している状態での改善にライバルチームは疑惑の目をむけた。

FIA、フェラーリのF1エンジンのパーツを押収して調査を開始

2019年11月21日
FIA、フェラーリのF1エンジンのパーツを押収して調査を開始
FIA(国際自動車連盟)は、フェラーリのF1エンジンの燃料システムの調査を開始。F1ブラジルGPでチームが使用したパーツを押収したと報じられている。

Auto Motor und Sport は、押収されたパーツは“フェラーリの燃料システムの一部”であり、“フェラーリのカスタマーの1チームとフェラーリ以外のチーム”のパーツが含まれると報道。「FIA研究所で徹底的な調査が行われる」と伝えている。

F1 | 2021年からルーキードライバーの2度のFP1出走を義務化

2019年11月1日
F1
F1チームは、2021年のF1世界選手権から金曜日のフリー走行で2回はルーキードライバーを走らせることが義務付けられる。

現在、チームはレースドライバーに代えてテストもしくはリザーブドライバーの一人を走らせることができ、通常は金曜日の1回目の90分間のプラクティスセッションでそれは行われている。F1ではテストが限られているため、今年F1デビューを果たしたランド・ノリス、アントニオ・ジョビナッツィ、ジョージ・ラッセルなどにとっては貴重な走行経験となった。

F1 | 予算制限に違反した場合はチャンピオンシップから失格

2019年11月1日
F1
F1のスポーティングマネージャーを務めるロス・ブラウンは、2021年から導入する予算制限(コストキャップ)に違反する場合は、チームはチャンピオンシップを犠牲にする可能性があると警告した。

FIA世界モータースポーツ評議会は、2021年の技術規則、競技規則、財政規則を含めた新レギュレーションを承認。特に大きな要素となるのは1億7500億ドル(約188億円)の予算制限だ。

2021年 F1レギュレーション解説 (5)週末フォーマットの変更

2019年11月1日
2021年 F1レギュレーション解説 (5)週末フォーマットの変更
2021年のF1世界選手権からは3日間の週末フォーマットは変わらないものの、ドライバーのの記者会見は、FP1とFP2のプラクティスセッションに先立ち、木曜日から金曜日に移動される。

木曜日のイベントが事実上なくなったことで、F1はファンにとってより現実的で予算に優しいイベントになり、チームスタッフからスポーツをカバーするメディアまでF1サーカスに関わるすべての人の生活が楽になる。

2021年 F1レギュレーション解説 (4)コスト上限の導入

2019年11月1日
2021年 F1レギュレーション解説 (4)コスト上限の導入
2021年のF1で最も大きな変化として、初めて導入されるコスト制限が挙げられる。

F1チームのコストは、年間1億7,500万ドル(約189億円)の予算上限(21レースカレンダーに基づく)が厳重に管理される。その予算にはマーケティングコストや、ドライバー、チームプリンシパル、その他の上級職員などの人件費は含まれないが、グリッド上のいくつかの大規模なチームによっては新たな課題となる。

2021年 F1レギュレーション解説 (3)開発の制限と標準パーツ化

2019年11月1日
2021年 F1レギュレーション解説 (3)開発の制限と標準パーツ化
2021年のF1レギュレーションでは、チームの規模によるパフォーマンス差を埋めるためにマシン開発の制限と標準パーツが導入される。

まず、2021年には風洞での作業時間がさらに短縮され、CFDにより焦点が置かれることになる。また、インシーズンテストは1日のテストが3回に限定され、さらに大きな変化として、パルクフェルメ条件が予選ではなく、FP3の開始から存在することになり、チームはFP1より前に検査された仕様に戻す必要がある。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム