FIAの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

FIA会長ジャン・トッド 「パンテーラ のF1参戦は単なる噂にすぎない」

2019年9月27日
FIA会長ジャン・トッド 「パンテーラ のF1参戦は単なる噂にすぎない」
FIA(国際自動車連盟)会長のジャン・トッドは、パンテーラが11番目のF1チームになるとの報道を重要視していない。

今月、パンテーラ チーム アジアF1(Panthera Team Asia F1)というチームがシルバーストーンに拠点を構え、2021年のF1参戦を検討していると報じられた。

F1レースディレクター 「ユベールの死亡事故調査には時間を要する」

2019年9月25日
F1レースディレクター 「ユベールの死亡事故調査には時間を要する」
FIA(国際自動車連盟)のF1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、スパ・フランコルシャンのF2レースで発生したアントワーヌ・ユベールの死亡事故について共有できる情報はほとんどないと語った。

F2スパ大会では、オー・ルージュを駆け上がったラディオンで多重クラッシュが発生。アントワーヌ・ユベールが命を落とし、ファン・マヌエル・コレアも重傷を負ってロンドンの病院で治療が続けられている。

FIA、アルファロメオ・レーシングのF1ドイツGPの裁定への抗議を却下

2019年9月25日
FIA、アルファロメオ・レーシングのF1ドイツGPの裁定への抗議を却下
FIA(国際自動車連盟)は、F1ドイツGPのペナルティに対するアルファロメオ・レーシングの抗議を却下。レース結果が確定することになった。

雨で波乱のレースとなったF1ドイツGPで、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはそれぞれ7位と8位でチェッカーを受けたが、レーススタート時のクラッチのセッティングに違反があったとして30秒が加算され、トップ10圏外に降格した。

F1 | FIA、赤旗提示システムの遅延問題に対策

2019年9月19日
F1
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、赤旗を出すための遅延を解決するためにデュアルシステムの改善に取り組んでいることを明かした。

F1イタリアGPの予選では、赤旗が提示されているにも関わらず、バルテリ・ボッタスのタイムがカウントされるという問題が発生していた。

F1 | 予選での“茶番”を根絶すべく新ルールを導入

2019年9月17日
F1
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、F1イタリアGPの予選で起こった“茶番劇”を根絶すべき新ルールを導入すると述べた。

F1イタリアGPの予選Q3ではアタックに向けて最適なスリープストリームを得たい全ドライバーが先頭を走ることを嫌ってスロー走行。ほぼ全員が最後のアタックのためにラインを通過できずに時間切れとなった。

ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を猛批判

2019年9月14日
ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を批判
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーブは、F1が“非スポーツマン行為”を警告する黒白旗を再導入したことを批判している。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1ベルギーGPで非スポーツマンシップ行為に対して提示される黒/白旗(ブラック アンド ホワイトフラッグ)を復活させた。黒白旗はサッカーのイエローカードのように1回だけ表示され、2回目の違反で初めてスチュワードによってペナルティの可能性が調査される。

F1チーム代表、“時間切れ予選”の解決策に動く

2019年9月13日
F1チーム代表、“時間切れ予選”の解決策に動く
F1チームの代表らは、先週末のF1イタリアGPの予選での“愚かな”結末の再発を回避するために来週に議論を行う予定である。

F1イタリアGPの予選では、全ドライバーがスリップストリームを得るために先頭を走ることを嫌ってスロー走行したせいで2人のドライバーを除いた全員が2回目のアタックを開始できなかった。これには“馬鹿の集まり”“修羅場”“茶番”など多くの非難が浴びせられた。

F1レースディレクター、サーキットへの“反射的”な変更を否定

2019年9月13日
F1レースディレクター、サーキットの“反射的”な変更を否定
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、過去2つのグランプリで見られた深刻な事故を受け、反射的にサーキットを加えることはないと語る。

スパ・グランコルシャンで開催されたFIA-F2のレースでは、アントワーヌ・ユベールがクラッシュによって命を落とした。ユベールに250km/hで突っ込んで重傷を負ったファン・マヌエル・コレアも合併症が見つかり、人工的な昏睡状態に置かれている。

F1レースディレクター 「黒白旗は危険なドライビングの抑止力になっている」

2019年9月12日
F1レースディレクター 「黒白旗は危険なドライビングの抑止力になっている」
FIレースディレクターを務めるマイケル・マシは、黒白旗によって今後のレースで危険なドライビングが増えることはないと確信していると語る。

マイケル・マシは、F1ベルギーGPで非スポーツマンシップ行為に対して提示される黒/白旗(ブラック アンド ホワイトフラッグ)を復活させた。黒白旗はサッカーのイエローカードのように1回だけ表示され、2回目の違反はスチュワードの調査とペナルティの可能性を引き起こす。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム