F1
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、赤旗を出すための遅延を解決するためにデュアルシステムの改善に取り組んでいることを明かした。

F1イタリアGPの予選では、赤旗が提示されているにも関わらず、バルテリ・ボッタスのタイムがカウントされるという問題が発生していた。

FIAは赤旗を出すために2つのボタンを使用している。1つのマイケル・マシ、そして、もうひとつは副レースディレクターのコリン・ヘイウッドによって押される。

だが、場合によっては、そのデュアルシステムが原因で、赤旗提示にわずかな時間差が生じることがあるという。

「今年初めのバクーで同じ問題が発生していた。それ以来、調査してきたが、誰もが思っているほど簡単ではない」とマイケル・マシはコメント。

「2つの完全に分離したシステムは相互に通信する必要がある。最も単純なケースでは、スタートシグナルはタイミングモニターに接続されている。それは完全にクローズドなであり、私が停止ボタンを押せば、タイミングは停止する」

「コリンは、赤旗、バーチャルセーフティカー、セーフティカーのライトシグナルを担当しており、それを通して2つの異なる人からのインプットが必要となっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA