F1チーム代表、“時間切れ予選”の解決策に動く
F1チームの代表らは、先週末のF1イタリアGPの予選での“愚かな”結末の再発を回避するために来週に議論を行う予定である。

F1イタリアGPの予選では、全ドライバーがスリップストリームを得るために先頭を走ることを嫌ってスロー走行したせいで2人のドライバーを除いた全員が2回目のアタックを開始できなかった。これには“馬鹿の集まり”“修羅場”“茶番”など多くの非難が浴びせられた。

結果、ニコ・ヒュルケンベルグ、カルロス・サインツ、ランス・ストロールには不必要に低速走行を行ったとして戒告処分が科せられた。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、来週のF1シンガポールGP前にチーム代表らと会って今後の再発防止のために何ができるかを議論するが、解決策を見つけるのは簡単なことではないだろうと警告する。

「スポーティングディレクター、ドライバーなど部屋にいた全員が、それを単純にそれを規制することはできないことを認めていると思う」とマイケル・マシはコメント。

「欲求不満という言葉か正しいかどうかはわからない、もっと詳しく調べる必要がある」

マイケル・マシは、ドライバーができる限り最も競争的なアドバンデージを得ようと知るのはスポーツの特性であり、彼らを責めることはできないと付け加えた。

「結局のところ、彼らはそれを最大限に生かそうとするエリートスポーツマンだ。新市況的なそれ以外のことについて話すことはできるが、我々全員が彼らが一旦バイザーを降ろせば、最善を尽くそうとすることに同意できる」

マイケル・マシは、モンツァで問題が発生する可能性はすでに予測されており、前戦スパでそのようなシナリオが議論されていたことを明かした。

「シンガポールではさらに詳細な議論が行われる。いくつかのチームは、シミュレーションと修正方法についてのアイデアをすでに考え出している。それは全員にとって最大の利益となる」

マイケル・マシは、過去10年間にわたる技術の進歩が、F1がこのような問題に対する新たなアプローチを開発するのに役立つ可能性があると語る。

「テクノロジーは進化した。F1グランプリでは様々なアングルの多くのカメラ、テレメトリ、データ、無線など、想像できるあらゆるインプットがあり、我々は非常に幸運だ」

「物事は本当に前進し、姿勢は変化している。3年前でさえ、そこには標準的なペナルティがあった。実質的にすべてがドライブルスルーだった。我々は総合的にスポーツとして進化してきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA