F1レースディレクター 「黒白旗は危険なドライビングの抑止力になっている」
FIレースディレクターを務めるマイケル・マシは、黒白旗によって今後のレースで危険なドライビングが増えることはないと確信していると語る。

マイケル・マシは、F1ベルギーGPで非スポーツマンシップ行為に対して提示される黒/白旗(ブラック アンド ホワイトフラッグ)を復活させた。黒白旗はサッカーのイエローカードのように1回だけ表示され、2回目の違反はスチュワードの調査とペナルティの可能性を引き起こす。

先週末のF1イタリアGPでは、ルイス・ハミルトンとのバトル中にブレーキングで動いたシャルル・ルクレールに対して黒白旗が提示されたが、過去にはそのような行為にはペナルティが科せられていた。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今後F1で黒白旗の使用頻度が増えることになれば、ホイール・トゥ・ホイールのバトルになった際にドライバーが好き勝手に走るようになるのではないかとの懸念を示している。

しかし、マイケル・マシは、それは心配しすぎだと考えている。

「彼らがさらに危ない走りをするようになるとは思わっていない」とマイケル・マシはコメント。

「彼らはもう少し状況を良くみていくことになるだろう。だが、彼らは境界線上にいるので、一線を越えた危険な行為に出ることは比較的容易なことだとも言える。黒白旗が再び導入され、これまでのところ実際に2つのインシデントで使われて機能している。それを見る限りでは、私には目的を果たせているように思う」

「しかし、すべてのインシデントは個別に内容を見極めなければならない。すべてのケースを一般化し、1つの傾向として集約させることは不可能だ。1件ごとにしっかりと見ていくことが重要だ」

マイケル・マシは、単なる警告にとどめるかペナルティを科すかの裁定は、完全にスチュワードの手に委ねられていると語る。

「ペナルティを科すのか反スポーツマンシップ旗を表示するのかについては、最終的にはスチュワードの判断だ。だが、仮にスチュワードが自分たち以外の視点を必要とした場合には、当然、我々にもペナルティを科すはある」

「今回の黒白旗は、その場で起きたことが理由で表示された。私としては非常に単純だ。先週末にスパでピエールが受けたときとまったく同じだ。黒白旗はその目的を果たしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA