ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を批判
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーブは、F1が“非スポーツマン行為”を警告する黒白旗を再導入したことを批判している。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1ベルギーGPで非スポーツマンシップ行為に対して提示される黒/白旗(ブラック アンド ホワイトフラッグ)を復活させた。黒白旗はサッカーのイエローカードのように1回だけ表示され、2回目の違反で初めてスチュワードによってペナルティの可能性が調査される。

前戦F1イタリアGPでは、シャルル・ルクレールがシケインでフレーキング中に動いてルイス・ハミルトンをブロックした際に黒白旗が振られた。

だが、黒白旗には多くの批判が集まっている。元F1ドライバーのジョリオン・パーマーは、このような警告旗を使用することで、レースディレクターがシャルル・ルクレールの行為を軽視しすぎたと感じている。パーマーは、ルクレールの行為はタイムペナルティが科せられるべきだったと語る。

「僕の見解では決定は明確だった」とジョリオン・パーマーは BBC Sport のコラムで述べた。

「僕としてもペナルティは必然的にレースを台無しにしてしまうのでペナルティを見たくなかった。だが、ルールはルールだ」

「彼らはショーのエンターテインメント的な要素よりもスポーツのために忠実でなければならない。それはなされなかった。残りの30分間、誰もがよりバランスのとれたレースを見たがっていた」

「レース後にマシが状況を説明しようしているのを見るのは非常に不快だった。黒白旗の復活は・・・ドライバーがレースで1回の違反を犯して逃げることが潜在的に許可されていることを意味する。それがのようなレースを生み出すのだろう? そして、倫理や公正はどうなる?」

元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーブも同様の見解を示している。

「レースで馬鹿げた行動をすることが許されているようなものだ」とジャック・ヴィルヌーブは Motorsport-Magazin に語った。

「彼らはすぐにそれを乱用し始めるだろう。イエローカードが次のレースに持ち越されるにもよるが、もちろん、現状ではドライバーはそのオプションを持っていない」

「ルクレールは最も危険な2番目のシケインの前で動いたが、それが別のトラックであったり、別のドライバーにだった場合、あの動きは通常であればペナルティだっただろう」

「他のドライバーと同じように彼を判断する必要がある。今週の日曜日の彼は“マグヌッセン”のような行動をした、それが真実だ」

「彼は自分がリスクを冒せることを知っていたので、限界までやってみて、それがうまくいった」

メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフも、新しいイエローカードシステムに不満を抱いており、最終的にドライバーをより無謀にする可能性があることに同意する。

「私はもっと多くのマシンが接触し、それがより一般的な慣行になると思う。最終的に衝突して終わるというのが私の意見だ」

関連:F1 | 黒/白旗が復活…サッカーのイエローカードに相当

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / FIA