F1レースディレクター 「ユベールの死亡事故調査には時間を要する」
FIA(国際自動車連盟)のF1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、スパ・フランコルシャンのF2レースで発生したアントワーヌ・ユベールの死亡事故について共有できる情報はほとんどないと語った。

F2スパ大会では、オー・ルージュを駆け上がったラディオンで多重クラッシュが発生。アントワーヌ・ユベールが命を落とし、ファン・マヌエル・コレアも重傷を負ってロンドンの病院で治療が続けられている。

事故後、FIAとベルギー当局はすぐに調査を開始したが、必ずしも順調には進んでいない。

マイケル・マシは、事故調査の進展状況について「あまり語ることは出来ない」とコメント。

「様々なエリアについて調査が進められており、もっと時間を要うする。特定のいくつかエリアにおいてベルギー当局に協力しており、現地の法律に従う必要もある。そのため、彼らの全国組織との手続きを進めているところだ」

「それが行われていることのひとつだ。その一方で、我々は安全基準をもっと引き上げることなどについての話し合いを行っている」

「今の私に言えるのは本当にそれだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2 / FIA