フェラーリF1代表 「フォルクスワーゲン参入のためのMGU-Hの廃止に賛成」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フォルクスワーゲンのF1参入を支援するために、ほとんどのエンジンメーカーがMGU-Hを廃止することに参戦していると賛同している。

F1は、2014年にエンジンルールに革命をもたらし、MGU-HとMGU-Kの2つの主要なエネルギー回線コンポーネントを含むV6ターボパワーユニットが導入された。

「H」は、ターボチャージャーの排気ガスから熱エネルギーを変換するコンポーネントであり、現在のエンジンで最も複雑な技術の1つだ。MGU-Hの存在は、フォルクスワーゲンなどの新しいメーカーにとって、次のF1エンジン形式が導入されるときの参入を検討することを妨げになっている見なされている。

マッティア・ビノットは、最新の会議でMGU-Hを廃止ことに合意したと述べていた。

「オーストリアでの前回の会議以来、多くの議論が行われ、(モンツァで)パワーユニットの未来を定義する方向への次のステップがあった」とマッティア・ビノットは語った。

「これまでのところ、我々が行ってきたすべての議論はポジティブであり、ほとんど、または、すべてのメーカーが、MGU-Hを廃止するという事実に何らかの形で同意している」

「我々も他の人たちと同じようにそれに同意している。まだ議論し、同意しなければならない多くの詳細があるが、全般的に言って、議論は現在ポジティブに進んでいると思う」

メーカー間の協議の一環として、新しいパワーユニットは2026年まで1年延期されることが合意されたが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトトヴォルフは、MGUの将来について完全に合意するには、他の妥協点が必要であると以前に示唆している。

「他の多くのポイントの位置合わせが見つかれば、MGU-Hは廃止される」とトト・ヴォルフは述べた。

「他の人のことを話すことはできないが、メルセデスはF1でフォルクスワーゲン・グループを見たいと思っている。しかし、それでも他の多くの点について合意する必要がある」

「妥協点が見つからない場合は、おそらくFIAとフォーミュラワンマネジメントが2026年のルールの提案をテーブルにもたらすだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン / フォルクスワーゲン