F1 スクーデリア・フェラーリ セバスチャン・ベッテル スペイングランプリ
フェラーリは、F1スペインGPの決勝レースでセバスチャン・ベッテルが4位。キミ・ライコネンはリタイアでレースを終えた。

セバスチャン・ベッテル (4位)
「僕たちのタイヤは他チームほど長くは持たなかったし、同じ戦略をとることができなかった。僕たちはもう一度ピットストップしなければならなかった。そこで2つポジションを失ったし、ピットストップ自体でも少しタイムを失ってしまった。でも、今日はステイアウトするという選択肢はなかった」

「僕たちはクルマの正しいバランスを見つけることに問題を抱えていたし、フロントタイヤに苦しんでいた。今週末の変更が僕たちに悪影響を及ぼしていた。他よりも少し苦労していたように思うので、モナコで“ノーマル”なタイヤに戻るのは嬉しいね。今日の僕たちは適切なペースがなかったし、メルセデスは僕たちよりも速かった。僕たちには多くのチャンスはなかった。ベストを尽くしたけど、何かが欠けていたし、そこを改善する必要がある。週末全体で新しいタイヤで正しいバランスを見つけるのは難しかった。でも、次のレースにむけて楽観的になれない理由はない」

キミ・ライコネン (リタイア)
「今日の僕のレースはかなり順調だった。それなりのポジションにいたし、スピードもあった。スムーズな走行ができていたし、タイヤもセーブしていた。全てが順調に進みそうだったけど、残念ながら、そうはならなかった。ある時点でパワーを失い始めた。なんとか走ることはできていたけど、フルスピードでは走れなかったので、ガレージに戻った。問題についてそれ以上のことはわかっていないし、ファクトリーにクルマを戻して、何が起こったのかをチェックする必要がある。チャンピオンシップを見れば、今回の結果は理想とはかけ離れているし、かなり失望している。今日は他にできることは何もなかった。でも、僕たちはプッシュし続ける必要がある」

関連:F1スペインGP 結果:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1スペインGP