F1マシン解析:フェラーリのサイドポッドが最適解?アルピーヌがコピー
2022年のF1マシンのサイドポッドにはさまざまな形状が見られているが、開幕戦バーレーングランプリで1-2フィニッシュを果たしたスクーデリア・フェラーリのコンセプトが最適解かもしれない。アルピーヌF1チームがすでに追従している。

アルピーヌF1チームは、2022年開幕戦バーレーングランプリでサイドポッドのアップデートをもたらした最初のF1チームとなった。

アルピーヌA522のサイドポッドの最初の設計上の選択は、かなり高いボディワークを維持し、最後の最後の部分でダウンウォッシュを行うことでした。

これは、非常に高いラジエーターインレットとボディワークがフロアに向かってリアホイールに向かって落下し、ディフューザーの外壁に空気を取り込むレッドブルやアルファタウリと非常によく似た選択だった。

しかし、バーレーンでの最初のレースのためにアルピーヌF1チームがもたらした新しいサイドポッドには、フェラーリF1-75の空力哲学に触発されたように見える隆起したエッジがあり、確かに同じ方向を向いている。

アルピーヌF1チームF1サイドポッドの描画

矢印で示された隆起した壁は、サイドポッドの上の部分で空気の流れのためのスライドチャネルを形成し、流れを分散させて中央部分に保持しないようにバリアとして機能する。

それがフェラーリF1-75デザインの同一のコピーではないことは明らかだが、アルピーヌF1チームが2022年の車でスクーデリア・フェラーリによって選択された型破りな形状からインスピレーションを得ようとしていることを示唆する最初のアプローチだ。

スクーデリア・フェラーリ F1サイドポッド

これは、スクーデリア・フェラーリのソリューションがライバルにコピーされる可能性があることを示す最初の兆候か? または、アップグレードのためのリードタイムがあったことを考えると、他チームはすでに2022年の初戦に1-2フィニッシュで終えたチームと同じ結論に達していたのか?

言うのは時期尚早かもしれないが、アルピーヌF1チームはスクーデリア・フェラーリを追従した2番目のチームであり、サイドポッドに空気を送るための「溝」を形成した。

他チームは、代わりに2021年のようにダウンウォッシュの方向を維持し、ラジエーターの後ろのボディワークにスライドを作成して、フロア上のサイドポッドを通過する空気の一部をもたらしている。

ボディワークのためにスクーデリア・フェラーリが採用した選択が最終的に2022年の車の勝者であるかどうかは、おそらく2023年にわかる。他チームが選択したソリューションは全体的にあまりにも異なり、空力を過度に変更する必要があるため、完全にスクーデリア・フェラーリの形状を今シーズンにコピーすることは困難だからだ。

スクーデリア・フェラーリの形状も、ボリュームを制限するだけでなく、凹みも制限しているレギュレーションの限界に非常に近い。

新しいアルピーヌF1チームのサイドポッドは、レッドブル/アルファタウリとスクーデリア・フェラーリのある種のハイブリッドバージョンだ。新しい仕様には、ラジエーターインレットの下のサイドポッドの前面の変更も含まれている。新しい形状はより広いアンダーカットを示しており、フロア上により多くの空気の流れを集めるようだ。

アルピーヌF1チーム F1サイドポッド比較図

アルピーヌF1チームによってもたらされたアップデートは、容器テストが始まる前にすでに新しいプロジェクトが進行中であったメルセデスF1が採用したものほど革新的なものではない。

アルピーヌF1チームは、スクーデリア・フェラーリのプレゼンテーションを見た後にこの解決策を研究したかもしれない。そして今、A522でF1-75の空力哲学をテストしているかもしれない。

新しいアルピーヌF1チームサイドポッドは木曜日にすでにバーレーンに持ち込まれ、定期的な技術チェック中に最初に垣間見られた。しかし、金曜日のプラクティスでエステバン・オコンの車で破損したことで、フェルナンド・アロンソだけが新しいバージョンを使うことになった。

フェルナンド・アロンソとエステバン・オコン アルピーヌF1チーム サイドポッドの比較

また、アルピーヌF1チームは、ポーポイズ現象を減らすために、新しいフロアをもたらした。両方のドライバーが使用する新しい仕様では、ストレートに空力の失速を引き起こし、車をバウンドさせる気流の一部を取り除くために、スロットが追加された。フロアの外壁も違っている。



アルピーヌF1チームの方向性をめぐる疑問と、特にバルセロナでのプレシーズテストでの苦戦を考えると、今年は立派なスタートを切った。フェルナンド・アロンソのアップグレードされた車は予選で8番手を獲得。レースではアロンソは9位だったが、エステバン・オコンが7位でフィニッシュしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / フェラーリ / アルピーヌ