F1マシンの2022年05月のF1情報を一覧表示します。

F1チーム、スペインGPで混乱を受けて最低燃料温度の手順を話し合い

2022年5月28日
F1チーム、スペインGPで混乱を受けて最低燃料温度の手順を話し合い
F1チームは、スペインGPでのレッドブルとアルファタウリの土壇場でのパニックの後、FIA(国際自動車連盟)と最低燃料温度を宣言する手順について話し合っている。

ホンダのF1エンジンを搭載するマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーは、2つのチームが燃料が法定最低温度に上昇するのを待っていたため、レース開始の30分前にクルーズする直前になってようやくバルセロナのピットレーンを離れた。

エイドリアン・ニューウェイ 「F1カーは間違った方向に進んでいる」

2022年5月26日
エイドリアン・ニューウェイ 「F1カーは間違った方向に進んでいる」
レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、重量に関するルールの変更によって、F1が「間違った方向」に進んでいると語る。

F1は、オーバーテイクの改善を目的に2022年に革新的な新しい技術規則を導入。マシン表面でダウンフォースを生成していたオーバーボディ方式からグラウンドエフェクト効果への哲学の切り替えは、空力の流れとグリップの生成に抜本的な変化を加えた。

2022年 F1スペインGP:各F1チームのアップグレード詳細

2022年5月20日
2022年 F1スペインGP:各F1チームのアップグレード詳細
F1スペインGPが開催されるバルセロナは、伝統的にF1チームが車にかなりのアップグレードをもたらすレーストラックだったが、2022年もそれは変わっていない。

2022年の新世代F1マシンの導入により、F1チームがデータを収集し、マシンをさらに理解し、開発を進めていくことは、世界選手権の結果に大きな役割を果たすと考えられている。

F1マシン解説:エンジンパワーはフェラーリがホンダを5.4馬力リード

2022年5月20日
F1マシン解説:エンジンパワーはフェラーリがホンダを5.4馬力リード
2022年のF1世界選手権は、スクーデリア・フェラーリがポイントをリードし、レッドブル・レーシングの方が多くの勝利を挙げている。レッドブルRB18はストレートで最速の車で、コーナーではフェラーリF1-75がリードしている。そして、それはサーキット特性によって左右される。

5戦を終えて、フェラーリ対レッドブルのタイトル争いはイーブンだ。

F1マシン解説:レッドブルとフェラーリで分岐する重要なエリア

2022年5月19日
F1マシン解説:レッドブルとフェラーリで分岐する重要なエリア
元F1デザイナーのゲイリー・アンダーソンが、2022年のレッドブルとフェラーリのF1マシンを分岐させる重要なエリアとしてフロントサスペンションに着目した。

レッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリは、2022年のF1を先導しており、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールがこれまでのところ勝利を分け合っている。

レッドブルF1代表、RB18のストレート重視の開発は「レーキ角がないため」

2022年5月17日
レッドブルF1代表、RB18のストレート重視の開発は「レーキ角がないため」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年F1マシンRB18をストレートを重視したマシンとして生み出したのは、2022年に導入された新F1レギュレーションではレーキ角がないことを挙げた。

昨年まで“ハイレーキ”を採用したレッドブル・レーシングのマシンはコーナーで強いダウンフォースマシンだった。しかし、新世代F1マシンによる今年の戦いでは、スクーデリア・フェラーリが高速コーナーを最大限に活用し、レッドブルはストレートでアドバンテージがあるという展開がよくある。

F1:1億4000万ドルのエンジンコスト上限にF1チーム側が合意せず

2022年5月3日
F1:1億4000万ドルのエンジンコスト上限にF1チーム側が合意せず
F1は、2026年のエンジンコスト上限として1億4000万ドル(約182億円)を提示したが、まだF1チーム側の合意を得られていない。

昨年、F1は史上初めてシーズンごとに1億4500万ドルの予算上限(ドライバーの給与は除く)を導入。今年は1億4000万ドルに引き下げられ、2023年までに1億3500万ドルまで削減されるように設定されている。

F1:2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用

2022年5月3日
F1:2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用
F1は、2023年に各セッションでドライバーが使用するタイヤを指定する新しい予選フォーマットを実施することを計画していると報じられている。

現在のノックアウト方式の予選フォーマットh、2006年以来、グランプリ週末の定番であり、セッションは3つのなセグメントに分割されてい。20人のドライバー全員がQ1を争い、上位15人がQ2に進出。Q2で最速の10人のドライバーは、ポールポジションのシュートアウトのためにQ3に進む。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム