エイドリアン・ニューウェイ 「F1カーは間違った方向に進んでいる」
レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、重量に関するルールの変更によって、F1が「間違った方向」に進んでいると語る。

F1は、オーバーテイクの改善を目的に2022年に革新的な新しい技術規則を導入。マシン表面でダウンフォースを生成していたオーバーボディ方式からグラウンドエフェクト効果への哲学の切り替えは、空力の流れとグリップの生成に抜本的な変化を加えた。

これらの変更の結果、F1グリッドのチーム間で大きく異なるレギュレーションの解釈が得られた、エイドリアン・ニューウェイは、オーバーテイクに関しては改善があったものの、重量制限の変更が問題になる可能性があることを懸念している。

「先行する車に対する後続の車の感度を下げることで、車がオーバーテイクするのを助けるという原則は良いと思う。もう少しオーバーテイクできる助けになると思う。大きな変化ではないと思うが、少しは役立つだろう」とエイドリアン・ニューウェイはMotorsport Magazinに語った。

「このような重要なルール変更を行うと、必然的に他の多くの変更が発生する。それにより、最初の数シーズンでフィールドがさらに拡大する可能性がある」

エイドリアン・ニューウェイは、F1カーがますます重くなる市販車の懸念の傾向に追随していると語った。

「わずか数年で、重量制限は、最低600kgと搭載されている30~40kgのバラストから、800kg以上の車に増加した」とエイドリアン・ニューウェイは説明した。

「そして、我々は皆、現在規定されている最低体重を達成するためにそれを実現するために狂ったように働いているr。要するに、車は大きくて重くなり、空気抵抗が大きいため、空力的に特に効率的ではない」

「明らかに、この間違った方向性は、一般的な自動車産業が最近開発したもの、ますます大きくて重い車と同じだ。そして、人々の執着は、バッテリーで運転するかガソリンで運転するかにかかわらず、いまいましいものを動かすのに必要なエネルギー量のだ。そのエネルギーがどこから来たのかに関わらずね」

ますます重い車両へのこの動きは、エイドリアン・ニューウェイが理想的なF1レギュレーションとして説明していることに反している。彼は軽量で空力効率を好むと語る。

「明らかに、安全性の問題のいくつかは自己強化の問題になる。車が重いほど、強くする必要がある」とエイドリアン・ニューウェイは言いました。

「私の意見では、我々は、より小さく、より軽く、よりエネルギー効率の高い車が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン