F1マシン解説:レッドブルとフェラーリで分岐する重要なエリア
元F1デザイナーのゲイリー・アンダーソンが、2022年のレッドブルとフェラーリのF1マシンを分岐させる重要なエリアとしてフロントサスペンションに着目した。

レッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリは、2022年のF1を先導しており、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールがこれまでのところ勝利を分け合っている。

スクーデリア・フェラーリの最初のメジャーアップデートが明らかになるのはスペイングランプリだが、前戦マイアミグランプリではフロントサスペンションに塗油性が加えられた。これはメカニカル的な変更ではなく、すべて空力に関するものだった。

フロントとリアの両方で直立したアセンブリを接続するサスペンションリンクは、6Gのブレーキングと4Gのコーナリングによって生成される負荷に加えて、おそらくその上に25%の冗長性を構造的に受け入れる必要がある。実際には、単純な丸いチューブですべてに対応できる。

サスペンションのコンポーネントの形状で見えるものは、各F1チームの空力要件によって決まる。そして、レッドブルはプルロッド、フェラーリはプッシュロッドと異なる形式を選択している。

フロントでは、サスペンションリンクがフロントウィングの後縁から出るエアフローウェイクをある程度制御する。これにより、チームはサイドポッドの前縁に備えて気流を再調整できる。今年はグラウンドエフェクトカー車で、フロア下の前縁に備える。

スクーデリア・フェラーリ F1-75 フロントサスペンション

マイアミで、スクーデリア・フェラーリはまさにそれをするために新しいより長いコードのフロントトラックロッドを持ち込んだ。すべてのリンクは、3.5:1のアスペクト比と基準面に対して+/- 5度の最大角度に調整されているため、あまり興奮するものではないが、その流れに大きな影響を与えることができる。

レッドブルとの比較からわかるように、フェラーリのトラックロッドは上部のフロントウィッシュボーンの前脚に沿っている。しかし、それはまだ独立したコンポーネントだ。

スクーデリア・フェラーリ(左) / レッドブル・レーシング(右)

レッドブルのトラックロッドは、下部のウィッシュボーンの前脚のすぐ上にある。繰り返しますが、独立したコンポーネントだ。

事実上、フェラーリはシャーシとホイールアセンブリの間に2つの水平方向の空力プロファイルを持っています。

比較すると、トラックロッドの高さの違いのため、レッドブルには3つの水平方向の空力プロファイルがある。

これの微妙な点の1つは、余分なプロファイルが低い位置にあることだ。つまり、空気の流れをフロア下の前縁に再調整する場合に、より強力になる。

これらは小さな違いだが、そのような詳細は車の性能に大きな影響を与える可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / フェラーリ / レッドブル