ルーカス・ディ・グラッシの新車、グロックより重め

2010年5月27日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、今週末からアップデートされたマシンでレースをするが、それでもチームメイトのティモ・グロックがドライブするマシンよりも遅いかもしれない。

アイスランドの火山噴火に加えて、スペインとモナコの間が短かったこともあり、ティモ・グロックが重要な開発を装着したマシンでレースをしていた一方で、ディ・グラッシは燃料タンクが小さい元のマシンをドライブしなければならなかった。

ルーカス・ディ・グラッシは、トルコGPでやっとホイールベースが延長されたVR-01を手にすることを明らかにした。

ルーカス・ディ・グラッシ:F1モナコGPプレビュー

2010年5月12日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシが、F1モナコGPへ向けての意気込みを語った。

ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージン)
「チームの初のモナコGP、そして、この素晴らしく歴史的なレーストラックでの僕自身のF1デビューをを本当に楽しみにしている。前の年にここでのサポートカテゴリーでのレースは本当に楽しかったけど、今年ここでドライブすることはとても特別だろうね。もちろん、改良されたVR-01はトルコまでないけど、再び最高の仕事をして、新チームのトップとして確実なパフォーマンスをしたいね」

ルーカス・ディ・グラッシ:F1スペインGPプレビュー

2010年5月3日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシが、ヨーロッパシーズンのスタートとなるF1スペインGPへの意気込みを語った。

ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージン)
「中国のレースディは僕たちにとってはタフだったけど、僕たちはその前に成し遂げたこと、レース週末を通して改善してきたことに集中したままでいなければならない。信頼性問題は解決してきているので、スペインは僕たちにとって新しいチャプターになると期待している。上海のあとは幸運だった。レースのあとの月曜日に発って、ブラジルに向かった。家族や友達と楽しい時間を過ごして、フィットネスに取り組んだ」

ルーカス・ディ・グラッシ:F1中国GPプレビュー

2010年4月15日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシが、F1中国GPへ向けての意気込みを語った。

ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージン)
「マレーシアは、ニューカマーの先頭でフィニッシュできて素晴らしいレース週末だった。今、僕たちにはもっと多くのそのような結果が必要だ。シミュレーターを使うためにイングランドに戻って、これまで行ったことない上海サーキットを練習することができた。今の僕たちにとっては懸命に作業することがすべてだし、僕たち全員が前進を続けるために多くのことをしている」

ルーカス・ディ・グラッシ:F1マレーシアGPプレビュー

2010年4月1日
ルーカス・ディ・グラッシ
ヴァージン・レーシングのルーカス・ディ・グラッシが、F1マレーシアGPに向けての意気込みを語った。

ルーカス・ディ・グラッシ
「信頼性問題のせいで先週末は期待外れだった。でも、進まなければならないし、もっと良くすることに集中しなければならない。問題は他の人々がみるものなので、チームの外側に人には見えないかもしれないけど、みんなが本当にハードにプッシュしているし、僕たちは常に改善している」

ルーカス・ディ・グラッシ:F1オーストラリアGPプレビュー

2010年3月24日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシが、第2戦F1オーストラリアGPへの意気込みを語った。

ルーカス・ディ・グラッシ (ヴァージン・レーシング)
「オーストラリアには何度か行ったことがあるけど、アルバートパークでレースをしたことはないので、興味深い週末になるだろうね。基本的に、再びクルマに戻ってサーキットを経験するのが待ちきれない。目的地として、オーストラリアはブラジルを思い起こさせる。天候は素晴らしいし、人々も暖かくて友好的だからね」

ルーカス・ディ・グラッシ 「ヴァージンは前進している」

2010年3月3日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、ヴァージン・レーシングがバーレーンGPに向けてしっかりとしたベースラインを築けたと確信している。

VR-01は、プレシーズンテストで信頼性に欠け、先週のバルセロナテストではトップタイムのルイス・ハミルトンから5秒遅れでセッションを終えた。

しかし、ルーカス・ディ・グラッシはチームが進歩を果たしており、さらに前進してバーレーンに向かうことができると確信している。

ルーカス・ディ・グラッシがクラッシュ (バルセロナテスト初日)

2010年2月26日
ヴァージン・レーシング
ヴァージン・レーシングは、バルセロナテスト初日をクラッシュで終えることになった。

ルーカス・ディ・グラッシはターン9でスピンし、そのままタイヤバリアにクラッシュ。マシンはリアウイングを失っていた。

「何が起こったかは正確にはわからない」とルーカス・ディ・グラッシはコメント。

ルーカス・ディ・グラッシ 「良いペースラインを築けた」

2010年2月14日
ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、チームにはまだ長い道のりが残されているが、ヘレステスト最終日に稼いだテストマイレージによって良いペースラインを築けたと語る。

ヴァージン・レーシングは、ヘレスの天候とフロントウィングの破損により、最初の3日間はまともな走行ができなかったが、最終日にルーカス・ディ・グラッシは63周を走行。トップから3.3秒遅れの1分22秒912を記録した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム