ダニール・クビアト 「ミッドフィールドでまだ少し遅れをとっている」 / アルファタウリ・ホンダ F1ロシアGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトが、母国レースとなる2020年のF1世界選手権 第10戦 ロシアGPへの意気込みを語った。

「ムジェロのあとに少し休息を取れたことはよかった。簡単なレースではありませんでしたが、多くのことや赤旗中断もあった中でトラブルなくレースをまとめられた」とダニール・クビアトは7位入賞をは果たした前戦F1トスカーナGPを振り返る。

「あのような状況を切り抜けられれば好結果が得られることが多いので、とにかく集中し続け、クリーンにレースを進めることを心がけた。僕たちはチームでかなりうまくやれたと思うし、その結果多くのポイントを獲得することができた」

「グラベルのあるムジェロのコースは楽しくて、本来レースがあるべき姿だったと思う。わずかなミスでグラベルにつかまってしまう状況が、高速コーナーでの走りを一層エキサイティングなものにしていた。こういったコースなら、トラックリミットについて議論する必要もない」

「ここ数戦、マシンは進化を続け、競争力を増しているように感じている。中団の戦いは非常に僅差だけど、レースで波乱が起きなければ、僕らの実力的にはマクラーレン、レーシングポイント、ルノーの後ろだと思う。ただし、その差は非常に小さいもので、近い将来にはそこを詰めることを目指しているし、僕たちは正しい方向へ進んでいると信じている」

「ホームレースがあるのは素晴らしいことだ。同じ国籍の人々が来てくれて、応援してくれるのは嬉しいものだ。もちろん、週末についてかなり興奮している。ソチにいるときはいつも特別な気持ちになる」

「いよいよ、ホームレースだ。母国の人々に会えて、多くの声援を送ってもらえるのはとてもうれしい。ソチでのレースではいつも特別な思いで臨むので、もちろん今週末もワクワクした気分で迎える。ムジェロではファンをサーキットへ招くことができたので、ソチではさらに多くの人が来てくれればと思うし、そうなればとてもクールだね。全員の安全を守ることが重要なのは当然だけど、それを確実にするために毎レースでチェックや検査が行われている。だから、観客の皆さ んには心行くまでレースを楽しんでほしい」

「また、ターン3のグランドスタンドは、僕の名前がつけられているので、たくさんのファンに詰めかけてもらいたい。このコーナーはとても長くて、長い時間ステアリングを切り続けなければならないけど、予選でドライなら全開で抜けられる。中速コーナーが中心のサーキットだけど、最終セクターには低速区間もあり、ダウンフォースのバランスを探らなければならない。正しいバランスが見つかればハッピーに過ごせる。タイヤのデグラデーションが小さいので1ストップのレースかと思われるかもしれないけど、かなり柔らかいコンパウンドで走るので、注意が必要だ。また忙しい金曜になるけど、そこですべてを理解できるように取り組んでいく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1ロシアGP / アルファタウリ