ダニール・クビアト、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1イギリスGP(アルファタウリ・ホンダ)
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、新しいギアボックスに交換したことで、F1イギリスGPの決勝で5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

ダニール・クビアトは、12位でフィニッシュした第3戦ハンガリーGP後にギアボックスに問題が発見され、土曜日の朝にAT01のギアボックスを交換。チームメイトのピエール・ガスリーも交換したが、前戦でリタイアしていたためペナルティは科せられない。

ダニール・クビアトは、今シーズンまだQ3に進出することができておらず、金曜日のFP2で15番手タイムだった。ただし、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンの大クラッシュによる赤旗でソフトタイヤの走行が妨げられた。

それでも、ダニール・クビアトは、ポジティブな金曜日だったと語る。

「とても良い、生産的な1日だった」とダニール・クビアトはコメント。「残念だったのは、赤旗が新しいタイヤでの走行の直後に出てしまったことだ。ラップを中止して、ユーズドのタイヤで改めて走行する必要があったため、少し妥協を強いられた」

「それ以外では今日は多くのことを学んだと思うし、全体的にバランスにとても満足している。明日に関してはいつも通りタイトになるだろうし、今夜はいくつかのことを整理して、明日のために何ができるかを分析する必要がある」

「状況が変化する場合、私たちは警戒する必要があるし、どのような変化が予想されるかを理解する必要がある。FP3ではそれらの変化を理解することが重要になる」

ピエール・ガスリーは午後に8番手タイムを記録するポジティブな1日を過ごした。

「生産的だったし、僕たちは多くのことを行った」とピエール・ガスリーは語る。「まだ望み通りのバランスは得られていないけど、パフォーマンスに関してはこれまでのところ問題ない。明日と日曜日はコンディションが大きく異なるだろう」

「これまでのところ、ハンガリーの週末で走ったよりも2つのセッションで多くの周回数を走り込めていると思う。運転していて感触は悪くないけど、マシンをあるべき場所に仕上げるにはまだかなりの作業が必要だ。明日そこを補っていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1イギリスGP / アルファタウリ