F1 ダニール・クビアト、アルファロメオ・レーシング移籍の噂を否定
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、アルファロメオ・レーシングに移籍するとの噂を否定した。

最近、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニール・クビアトはもはや2020年にレッドブル・ホンダのドライバー候補ではなく、来季もトロロッソ・ホンダで走ることが内定していると語っていた。

だが、先週末のF1ロシアGPの週末、ダニール・クビアトはフェラーリと関連のあるアルファロメオ・レーシングに移籍するかもしれないとの噂が浮上した。

今年レッドブルのプログラムに復帰したダニール・クビアトだが、2017年にレッドブルのプログラムを外された後、2018年にフェラーリで開発ドライバーを務めており、フェラーリから高く評価されている。

しかし、ダニール・クビアトは「アルファロメオの状況については何も知らない」と Sportbox にコメント。

「僕は自分のチームにだけ集中している」

実際、La Gazzetta dello Sport は、ダニール・クビアトが2020年にトロロッソ・ホンダに残留するのは間違いないと報じている。

ダニール・クビアトは「多くの異なる声明を聞いたことがあるけど、2020年もF1で自分の居場所を得ることができて満足している」とコメント。

「トロロッソが大好きだし、このチームのために走り続けたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / トロロッソ / アルファロメオF1