F1
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、F1復帰戦となる2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPに向けての意気込みを語った。

2017年シーズン終盤にトロロッソのF1シートを失ったダニール・クビアトだが、フェラーリでの1年間のシミュレータードライバーとしての活動を経て、2019年はトロロッソ・ホンダのドライバーとしてF1の舞台に戻ってくる。

「僕たちはテストで非常に良い仕事をしたと思うし、たくさんの周回数を走り込むことができた。僕たちはテストで宿題を終えることができたし、それが最も重要なことだ。コースに出ていくたびに僕たちがとても良い状態にあるように思えた」とダニール・クビアトはコメント。

「どれだけ良いのかは時間だけが教えてくれるだろう。ホンダと一緒に仕事をするのは初めてだったけど、スムーズに進めることができた。彼らは非常に懸命に仕事をしている。でも、パフォーマンスに関しては僕たちがどの位置にいるかは最初の数レースを待つ必要がある」

「トロロッソのみんなのところに戻ってきたことに関しては、チームの姿勢はとてもポジティブだ。みんなが一生懸命に集中して作業しているのを見ているし、これからそれをレースで維持する必要がある。僕たちは正しい道を進んでいる」

「シーズン開幕戦を楽しみにしている。メルボルンに戻るのは僕にとってクールなことだ。特に一年ぶりだからね。とても興奮している。しばらくの間この瞬間を待っていた。でも、最初のレースの興奮について考えるのではなく、自分たちの仕事に集中しなければならない」

「メルボルンは非常にテクニカルなコースであり、様々な種類のコーナーがある。とてもバンピーだし、クルマのコントロールに関して良いテストになる。トリッキーだし、レースの終盤に向かって太陽が沈んでいくので、トラックの一部に影が落ちることでミスをする可能性がある。高いレベルの集中力が求められるし、このトラックには警戒する必要だ」

「良いラップをまとめることに成功したときは常にとてもいい気分だ。1つのセクションを選ばなければならないとしたら高速シケインだろう。現在のクルマを運転するのはとても素晴らしいだろう。遅いコーナーにかんしいては、クリーンかつ正確であり、正しくまとめる必要がある」

「まとめると、僕たちはテストで準備が整えてきた。さあ、メルボルンに行くぞ!」

関連:2019年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロロッソ | ホンダF1 | F1オーストラリアGP