コルトン・ハータ、アルピーヌF1チームのプライベートテストに参加?
コルトン・ハータが、アルピーヌF1チームのプライベートテストに参加すると報じられている。これはピエール・ガスリー獲得を目指すアルピーヌとアルファタウリが連携して実施されると考えられている。

インディカーのドライバーであるコルトン・ハータは、ピエール・ガスリーをアルピーヌF1チームに移籍させる取引の一環として、2023年のスクーデリア・アルファタウリのドライバー候補としてレッドブルがラインナップしている。

コルトン・ハータがF1に転向できるかどうかは、F1スーパーライセンスを確保できるかどうかにかかっており、レッドブルは現在、必要な40ポイントのうち32ポイントしかハータの特別免除をFIA(国際自動車連盟)に求めている。

レッドブルからのロビー活動にもかかわらず、FIAはコルトン・ハータにF1スーパーライセンスを付与することを拒否することを示唆している。

最大の懸念は、ライセンスを取得するための特別な免除を受ける可能性がある場合、ドライバーがFIAが用意したF3とF2のシングルシーターのラダーカテゴリーに集中するのを思いとどまらせる可能性があることだ。

コルトン・ハータにとって状況は良くないように見えるが、それでもレッドブルは準備を進め続けている。情報筋によると、インディカーのシーズンが終了した今、コルトン・ハータが古い車でアルピーヌF1チームのプライベートテストを実施する計画が立てられているという。

この走行は、もともとオスカー・ピアストリのために設定されたオリジナルのドライバー育成プログラムの一部であるが、2023年にマクラーレンに移籍するという彼の決定を受けて、ピアストリは辞退している。

オスカー・ピアストリは、アルピーヌのアカデミープログラムで昨年からA521で走行距離を重ねていた。

テストの最終計画は確定されていないが、アルピーヌF1チームは、F1シンガポールGPの前にハンガロリンクで行われる走行にコルトン・ハータを投入できることを望んでいる。また、2023年のレースシートの評価として、ニック・デ・フリースもテストに参加する可能性がある。

しかし、アルピーヌF1チームはコルトン・ハータを走らせはするものの、来年のフェルナンド・アロンソの後任候補リストにハータは載っていないと理解されている。

代わりに、テスト走行は、コルトン・ハータのスピードと技術的なフィードバックをより適切に評価するために、アルピーヌF1チームがアルファタウリに提案した評価プロセスだと考えられている。

F1チームがこのように互いに助け合うのは非常に奇妙に思えるかもしれないが、アルピーヌF1チームがピエール・ガスリーの獲得を望んでいるのは昭kだ。

アルピーヌF1チームは、ハンガロリンクのテストに誰が参加するかを確認することを拒否している。 広報担当者は「非公開のテストについてはコメントしない」と述べた。

アルピーヌF1チームでのテストと同様に、コルトン・ハータは今年もマクラーレン FP1 セッションを争っているが、これも確認されていない。

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、コルトン・ハータのテストの可能性について「コルトンを除外するつもりはないが、それはアルファタウリを助けるのではなく、マクラーレンにとって最善の利益のために実施することになるだろう」

オスカー・ピアストリが、アルピーヌFとの契約からリリースされた場合、マクラーレンはピアストリに FP1で早期の走行を与えることを選択する可能性もある。

ザク・ブラウンは「オスカーはまだ22年の契約を結んでいるので、まだ完全な明確さはない」とコメント。

「我々はまだマシンを開発している最中なので、まだマシンに何かを投入しているときルーキーを入れたいとは思わないだろう」

「今年も後半戦に入り、残りは6戦だ。しかし、それが1人のドライバーなのか、2人のドライバーなのかは未定だ。数週間でわかると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / コルトン・ハータ / アルファタウリ / アルピーヌ