シャルル・ルクレールの2021年06月のF1情報を一覧表示します。

F1レースディレクター 「ルクレールのガスリーへの接触は調査の必要なし」

2021年6月28日
F1レースディレクター 「ルクレールのガスリーへの接触は調査の必要はなし」 / F1シュタイアーマルクGP 決勝
F1レースディレクターのマイケル・マシは、レースコントロールはシャルル・ルクレール(フェラーリ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ)のF1シュタイアーマルクGPでの1周目の衝突が調査を正当化するものだとは感じなかったと説明した。

ピエール・ガスリーは6番グリッド、シャルル・ルクレールは7番グリッドからレースをスタート。フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)と3列に並んでターン1に入った後、両社はコーナーでワイドに走行し、ターン3でルクレールのフロントウイングがガスリーの左リアタイヤに接触した。

シャルル・ルクレール 「ほろ苦い気持ち。さらに良い結果を出せた」

2021年6月28日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「ほろ苦い気持ち。さらに良い結果を出せた」 / F1シュタイアーマルクGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPの決勝を7位で終えた。

7番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレールは、オープニングラップにピエール・ガスリーとのバトルでフロントウイングを破損。ピットインして最後尾で2周目を迎える。

そこからは素晴らしいパフォーマンスを見せてオーバーテイクを連発。前戦F1フランスGPとは打って変わり、優れたレースペースを発揮した。

シャルル・ルクレール、予選7番手も「レースペースを犠牲にしたくなかった」

2021年6月27日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、予選7番手も「レースペースを犠牲にしたくなかった」 / F1シュタイアーマルクGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1シュタイアーマルクGPの予選7番手という結果は“理想的ではない”としつつも、“わずかに良い予選結果”を出すためにレースペースを犠牲にしたくはなかったと語る。

今季、フェラーリF1は特にフロントタイヤの熱入れに苦戦を強いられている。レッドブル・リンクはフロントリミテッドなサーキットではないが、2週連続開催ということもあり、1戦目のシュタイアーマルクGPはタイヤ問題の解決に焦点を置いている。

シャルル・ルクレール 「フロントのバランス制限に対処できなかった」

2021年6月20日
シャルル・ルクレール 「フロントのバランス制限に対処できなかった」 / フェラーリ F1フランスGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年 F1フランスGPの予選を7番手で終えた。

「僕サイドはトリッキ―な予選だった。今日のマシンはフロントに関してバランス制限に合わせたドライビングという点で良い仕事ができなかった。明日はそれほど問題にならないと思うけど、自分のドライビングスタイルをどのように適応させ、レースでそれをうまく管理できるか理解することに取り組んでいく」

シャルル・ルクレール、キャリア初期のヘルメットデザインを復刻

2021年6月19日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、キャリア初期のヘルメットデザインを復刻 / 2021年 F1フランスGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年 F1フランスGPの週末にキャリア初期のデザインを復刻させたヘルメットを着用する。

イエローが特徴的なヘルメットは、スパイダーマンに触発されており、カートのキャリアの初期段階で使用した配色。モナコ出身のシャルル・ルクレールは、今週末のポール・リカール・サーキットに近いブリニョールでカートを始めた。

シャルル・ルクレール 「セーフティカー導入が遅かった理由を知りたい」

2021年6月8日
シャルル・ルクレール 「セーフティカー導入が遅かった理由を知りたい」 / F1アゼルバイジャンGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1アゼルバイジャンGPのマックス・フェルスタッペンのクラッシュ後にセーフティカーが導入されるまで時間がかかった理由をFIAに質問する準備ができていると語る。

47周目にマックス・フェルスタッペンがロングピットストレートでタイヤがが故障して高速でバリアにクラッシュ。デブリがサーキット中に散らばり、フェルスタッペンがマシンに座ったままライバルに追い抜かれている中、セーフティカー導入は必然だった。

シャルル・ルクレール 「ベッテルとガスリーは素晴らしい仕事をした」

2021年6月7日
シャルル・ルクレール 「ベッテルとガスリーは素晴らしい仕事をした」 /  フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝レースを4位でフィニッシュした。

ポールポジションを獲得したシャルル・ルクレールだが、レースは厳しいものとなった。スタートこそトップを守ったが、すぐにルイス・ハミルトンとレッドブル・ホンダの2台にポジションを奪われると、ガスリーにオーバーカットされる。

シャルル・ルクレール 「決勝でもポジティブなサプライズを期待したい」

2021年6月6日
シャルル・ルクレール 「決勝でもポジティブなサプライズを期待したい」 / フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選で2戦連続となるポールポジションを獲得した。

前戦F1モナコGPでは自らのクラッシュによって後味の悪いポールポジションだったシャルル・ルクレール。今回も同じように赤旗でセッションは終了したが、それでも2戦連続のポールポジションとなった。

フェラーリF1、“予想外”の好ペースも「敵はあくまでマクラーレン」

2021年6月5日
フェラーリF1、予想外の好ペースも「敵はあくまでマクラーレン」 / F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
フェラーリF1は、モナコGPでの印象的なペースをバクーまで持ち越せる可能性について軽視していたが、カルロス・サインツとシャルル・ルクレールは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行を3位と4位で終え、パフォーマンスは“予想以上に良かった”とうれしい驚きに直面している。

FP1では、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンから0.043秒の僅差で2番手タイムをマーク。FP3ではカルロス・サインツがセルジオ・ペレスから0.128秒差の3番手。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム