フェラーリF1のシャルル・ルクレール、キャリア初期のヘルメットデザインを復刻 / 2021年 F1フランスGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年 F1フランスGPの週末にキャリア初期のデザインを復刻させたヘルメットを着用する。

イエローが特徴的なヘルメットは、スパイダーマンに触発されており、カートのキャリアの初期段階で使用した配色。モナコ出身のシャルル・ルクレールは、今週末のポール・リカール・サーキットに近いブリニョールでカートを始めた。

「19年経って、この近くでカートを始めたときの最初のデザインを復活させた」とシャルル・ルクレールはソーシャルメディアで語った。

「テレビで見たスパイダーマンのデザインを描いて、彼のウェブのように見せようとしたのを覚えている。僕の人生のこの部分には多くの素晴らしい思い出がある。再びそれを着用するのは特別なものになるだろう」

シャルル・ルクレールは、モナコとバクーでの2レースでそれぞれポールポジションを獲得したが、今週末はフェラーリにとって“もっと普通”のシナリオになると考えている。

「バクーでは、少なくとも予選であのような競争力があったのは本当に驚きだった。レースでは、僕たちが予想していた場所に少し戻っていたけどね」とシャルル・レクレールは語った。

「今週末は、市街地トラックではなく、通常のトラックなので、通常の週末になると思う。中速コーナーが多いこのようなコースでは、通常はもう少し苦労している」

「バクーでのレースのような感じになると思う。僕が間違っていて、思ったよりもはるかに速いことを願っている」

シャルル・ルクレール(フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / ヘルメット / F1フランスGP