フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「ほろ苦い気持ち。さらに良い結果を出せた」 / F1シュタイアーマルクGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPの決勝を7位で終えた。

7番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレールは、オープニングラップにピエール・ガスリーとのバトルでフロントウイングを破損。ピットインして最後尾で2周目を迎える。

そこからは素晴らしいパフォーマンスを見せてオーバーテイクを連発。前戦F1フランスGPとは打って変わり、優れたレースペースを発揮した。

「ほろ苦い気持ちだ」とシャルル・ルクレールは語る。

「1周目のインシデントで劣勢に立たされてしまった。さらに良い結果を出すチャンスがあったので残念だ」

「2周目以降はF1でのここまでのベストレースのひとつにランク付けできる。クルマの感触は素晴らしかったし、ペースもあった。あらゆる機会を利用して力強くリカバリーできた」

「パフォーマンスに関してはマシンから最大限を引き出せたと思う。これは舞台裏でいかに多くの作業が行われているか、特に先週にチームがどのような仕事をしたかを示している。来週も同じことを繰り返せるように僕たちがこのステップをどのように達成したかを正確に理解するためにすべてのデータを調べる必要がある」

2021年 F1 シュタイアーマルクGP 決勝 結果
1.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
5.ランド・ノリス(マクラーレン)
6.カルロス・サインツ(フェラーリ)
7.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
8.ランス・ストロール(アストンマーティン)
9.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
10.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
11.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
12.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
13.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.エステバン・オコン(アルピーヌ)
16.ミック・シューマッハ(ハース)
17.ニキータ・マゼピン(ハース)
18.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
DNF.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
DNF.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1シュタイアーマルクGP