シャルル・ルクレール 「セーフティカー導入が遅かった理由を知りたい」 / F1アゼルバイジャンGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1アゼルバイジャンGPのマックス・フェルスタッペンのクラッシュ後にセーフティカーが導入されるまで時間がかかった理由をFIAに質問する準備ができていると語る。

47周目にマックス・フェルスタッペンがロングピットストレートでタイヤがが故障して高速でバリアにクラッシュ。デブリがサーキット中に散らばり、フェルスタッペンがマシンに座ったままライバルに追い抜かれている中、セーフティカー導入は必然だった。

しかし、ダブルイエローが振られるまでには 20 秒近くかかり、セーフティカーが展開されるまでにはほぼ 1分半かかった。

ポールポジションからスタートし、レースを4位で終えたシャルル・ルクレールは、チームラジオで2回「冗談だろ」と発言した後、「すぐにセーフティーカーを入れろよ。彼らは何を待っているの?」と怒りを露わにした。

セーフティーカーは最終的に配備されたが、レース後、シャルル・ルクレールは、レースを無力化するのになぜ時間がかかったのかはまだわからないと語った。

「セーフティーカーが早くに入らなかったことにとにかく驚いた。そのため、ラジオで懸念を表明した」とシャルル・ルクレールは語った。

「僕にとって、このようなクラッシュでプッシュするのをやめるのは明らかだったからね。ストレートの真ん中だったし、かなり危険だった」

「とにかく思ったより時間がかかった。でも、どの他のドライバーも同じように驚いていると思う」

「フランスGPのドライバーズブリーフィングでなぜ通常よりも少し時間がかかったのかを理解するためにセーフティカーのことは間違いなく持ち出すつもりだ。そこが僕が提起するポイントになる」

また、シャルル・ルクレールはまた、チーム無線で、冷えたハードタイヤではリスクがあるため、「リスタートしないようにプッシュする」とも語った。最終的にレースは赤旗中断となり、リスタートのために残ったドライバー全員がタイヤを交換することができた。

フェラーリのチームメイトであるカルロス・サインツは「あのような大きな事故がったときは、通常ならいつでも、最初にダブルイエローが出て、その後すぐにセーフティカーが入る」とシャルル・ルクレールに同意する。

「なぜ今日、セーフティカーが導入されるのに1分半以上かかり、イエローフラッグの状態だけでとてもヘビーな事故現場を通過しなければならなかったのか知りたい」

もう1つの問題は、ダブルイエローフラッグでドライバーがどれだけバックオフしたかであり、マクラーレンはFIAのレースディレクターであるマイケル・マシに、ランド・ノリスとレースをしていた角田裕毅が十分な対応をしていないと不満を漏らしていた。

シャルル・ルクレールは「誰もがクラッシュを見ることができたし、マシンがバリアの右側にいることを誰もが知っていたけど、あのような状況では誰もが大幅に減速するべきだと信じている」とコメント。

「いずれにしろ、提起するつもりだ。バーチャルセーフティカー または セーフティカー は、物事をはるかに簡単にしただろう。みんなと話し合うつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1アゼルバイジャンGP