フェラーリF1のシャルル・ルクレール、予選7番手も「レースペースを犠牲にしたくなかった」 / F1シュタイアーマルクGP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1シュタイアーマルクGPの予選7番手という結果は“理想的ではない”としつつも、“わずかに良い予選結果”を出すためにレースペースを犠牲にしたくはなかったと語る。

今季、フェラーリF1は特にフロントタイヤの熱入れに苦戦を強いられている。レッドブル・リンクはフロントリミテッドなサーキットではないが、2週連続開催ということもあり、1戦目のシュタイアーマルクGPはタイヤ問題の解決に焦点を置いている。

シャルル・ルクレールは、金曜日のレースペースは良かったため、予選での結果をもとめてそれを犠牲にしたくはなかったと語る。

「7番手は理想的なスターティングポジションではないけど、予想通りではあった」とシャルル・ルクレールは語る。

「今週末、レースペースはかなり安定しているし、わずかに良い予選結果を出すためにそれを犠牲にしたくはなかった。重要なのは明日だ。今週末ここまでのようにレースペースが優れていれば、いくつかポジションを上げて、ポイントを持ち帰ることができると確信している」

「自分のラップにはとても満足しているし、ミスをせずにすべてをまとめることができた。特にQ1はトラフィックが難しかった。Q3では他のドライバーとは同期せずに新品タイヤでフリーエアで走行した。僕たちは順調に仕事をこなしているし、クルマに自信を感じている。明日にむけてできる限りの準備をするつもりだ。良いレースができることを願っている」

予選12番手で終えたカルロス・サインツは、タイヤを自由に選べることが少しは慰めになると語る。

「今日はそんなに良い一日ではなかった。昨日、1発のペースに苦戦していたので、奇跡は期待していなかった」とカルロス・サインツはコメント。

「トップ10外で予選を終えるのは理想的ではないけど、このような短いトラックではフィールドがタイトなので3つのセクターをすべて決めなければならないけど、セクター2で少し失ってしまった。スタートするタイヤコンパウンドを自由に選択できることは少し慰めになるし、それを最大限に生かしたい」

「昨日、ロングランのペースは悪くなかったし、良い結果を出せることを願っている。今日の午後が週末の終わりというわけではない。可能な限りベストな結果を出すために最終ラップまで戦うつもりだ」


2021年 F1シュタイアーマルクGP 予選 結果
1.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) - 1分03秒841
2.バルテリ・ボッタス(メルセデス) +0.194
3.ルイス・ハミルトン(メルセデス) +0.226
4.ランド・ノリス(マクラーレン) +0.279
5.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ) +0.327
6.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) +0.395
7.シャルル・ルクレール(フェラーリ) +0.631
8.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) +0.673
9.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ) +0.733
10.ランス・ストロール(アストンマーティン) +0.867
11.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
12.カルロス・サインツ(フェラーリ)
13.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
14.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
15.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
16.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
17.エステバン・オコン(アルピーヌ)
18.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
19.ミック・シューマッハ(ハース)
20.ニキータ・マゼピン(ハース)
Formula 1 BWT Grosser Preis Der Steiermark 2021


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1シュタイアーマルクGP