フェラーリF1、予想外の好ペースも「敵はあくまでマクラーレン」 / F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
フェラーリF1は、モナコGPでの印象的なペースをバクーまで持ち越せる可能性について軽視していたが、カルロス・サインツとシャルル・ルクレールは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行を3位と4位で終え、パフォーマンスは“予想以上に良かった”とうれしい驚きに直面している。

FP1では、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンから0.043秒の僅差で2番手タイムをマーク。FP3ではカルロス・サインツがセルジオ・ペレスから0.128秒差の3番手。

シャルル・ルクレールはターン15のウオールにヒットしてフロントウイングを破損してタイムを出せなかったが、それでも4番手につけた。

「実際、今日はクルマに乗っていてとても快適だと感じていました。特にブレーキングで」とシャルル・ルクレールは語った。

「ちょっと快適すぎて、ターン15で少しプッシュしすぎてしまったのかもしない。でも、最終的には、それがフリープラクティスの目的だ。もう少し限界を見つけようとしていたところだった」

「予想よりは間違いなく良いけど、まだFP1とFP2が終わっただけだ。ペースは有望に見える。これから夜間も作業を続け、明日も同じように競争力を発揮できることを願っている」

2週間前のF1モナコGPでのフェラーリF1との初表彰台を獲得したばかりのカルロス・サインツは「予想していたよりも少し速いのは間違いない」と同意する。

「でも、良い周ラップはいくつかのトウを使っていたのも事実だし、ロングランではペースがはっきりとわからなかったので、全体像はそれほど明確ではないかもしれない」

「レッドブルは特にロングランで力強い走りを見せていたし、彼らが明日もっと何かを持っている可能性があることを示した」

フェラーリの2台はロングランでグレイニングに苦しんでおり、ある段階でシャルル・ルクレールはクラッシュを避けるためにピットインを要求していた。

「ショートランにはまともだったけど、ロングランではどうすればリアタイヤをウィンドウでもっとうまく機能させることができるかを分析する必要があると思う」とカルロス・サインツは続ける。

「少なくともエキサイティングだ。誰にとっても簡単なことではないように見えるけど、これはチャンスをもたらすかもしれない。でも、僕たちもモナコほど良くはないかもしれない。ラップタイムが示したほど良くないかもしれない。それでも予想よりはいいけどね」

タイムシートでは前途有望だが、シャルル・ルクレールも、チームメイトのやや悲観的な意見に同意しており、特にフェラーリの主要なライバルであるマクラーレンに注意を向けた。また、FP2で不振に陥っていたメルセデスも立ち直ることと考えている。

「マクラーレンは非常に速いけど、今日は何らかの理由でそれを示していない」とシャルル・ルクレールは語った。

「僕たちに比べてクリーン日ではなかったかもしれないけど、彼らはまだ少し先にいると感じているので、明日を待つ必要がある」

「レッドブルが速いのは間違いないし、メルセデスに何が起こったのかはよく分からないけど、彼らが前にいることは間違いない。基本的には、僕たちの主要な競争相手であるマクラーレンとの戦いになるだろう」

「今年はミスがほとんどないので、すべてを完璧にする必要がある。僕たちは自分たちのポテンシャルを最大限に発揮しようとしているし、明日の予選で彼らより前にいられることを願っている」

F1アゼルバイジャンGPに先立ち、コンストラクターズ選手権で3位のマクラーレン(80ポイント)と4位のフェラーリ(78ポイント)との差はわずか2ポイントとなっている。

2021年 F1アゼルバイジャンGP FP2 結果
1.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ) - 1分42秒115
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) +0.101
3.カルロス・サインツ(フェラーリ) +0.128
4.シャルル・ルクレール(フェラーリ) +0.321
5.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) +0.419
6.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ) +0.578
7.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ) +0.826
8.ランド・ノリス(マクラーレン) +0.903
9.エステバン・オコン(アルピーヌ) +0.905
10.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) +1.015
11.ルイス・ハミルトン(メルセデス) +1.041
12.キミ・ライコネン(アルファロメオ) +1.105
13.ダニエル・リカルド(マクラーレン) +1.183
14.ランス・ストロール(アストンマーティン) +1.697
15.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン) +1.766
16.バルテリ・ボッタス(メルセデス) +2.069
17.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ) +2.442
18.ニキータ・マゼピン(ハース) +3.448
19.ミック・シューマッハ(ハース) +3.980
20.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ) +4.868


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr. / シャルル・ルクレール