ヴィタリー・ペトロフ、19億円の持参金を準備

2010年1月22日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2010年シート獲得のために1,500万ユーロ(約19億円)の持参金を用意している。

昨年のGP2をニコ・ヒュルケンベルグに次ぐ2位にで終えたロシア人のヴィタリー・ペトロフは、ルノーあるいはカンポスとの契約が噂されている。

ドイツ紙Bildは、ヴィタリー・ペトロフが持ち込むスポンサーシップ料は1,500万ユーロにも達すると報じた。これは、グランプリ1レースあたりは80万ユーロ(約1億円)相当にあたいする。

ロバート・ドーンボス 「USF1とカンポスのシートには500万ドル必要」

2010年1月21日
ロバート・ドーンボス
ロバート・ドーンボスは、USF1とカンポスがレースシート獲得に500万ドル(約4億5,500万円)を要求してきたことを明らかにした。

オランダ人ドライバーのロバート・ドーンボスは、数年前にミナルディとレッドブルでF1に参戦し、テストドライバーも務めていた。

昨年はインディカーに参戦していたドーンボスだが、F1の2つの新チームと交渉したことをnusport.nlの取材で明らかにした。

カンポス、最終クラッシュテストを通過

2010年1月20日
カンポス
カンポスは、FIAによって義務付けられている最終クラッシュテストを通過したAUTOSPORTが報じている。

カンポスは財政的な厳しさが報じられているが、2010年マシンは、イタリアのレースメーカーであるダラーラによって開発されており、技術面では2010年のグリッドに向けて着実に進捗している。

カンポスのチーム代表であるエイドリアン・カンポスは、チームがシーズンを始めるために必要な資金を捻出できていないとの報道にもかかわらず、来月の合同テストに向けての開発の進捗に満足していると語る。

ブルーノ・セナ陣営、トロ・ロッソ移籍を否定

2010年1月14日
ブルーノ・セナ トロ・ロッソ
ブルーノ・セナのマネジメントは、2010年にブルーノ・セナがトロ・ロッソに移籍するとの報道を否定している。

カンポスがF1デビューに向けて予算を集めることに苦労しているため、トロ・ロッソがブルーノ・セナのオプションを行使してセバスチャン・ブエミのチームメイトに据えるとイタリアやブラジルのメディアが報じていた。

カンポス、チーム株式売却をまもなく発表か

2010年1月13日
カンポス チーム株式買収
カンポスの南アフリカの実業家トニー・ティシェイラへのチーム株式の売却がまもなく発表されるとスペインのDiario ASが報じられている。

カンポスは、2010年の活動予算を集めることができておらず、A1GPの代表でもあるトニー・ティシェイラにチームの株式を売却すると噂されていた。

同紙は「数時間以内に契約が発表される」としており、ティシェイラの買収額は300万〜400万ユーロ(約3億9,000万円〜5億3,000万円)だとしている。

ブルーノ・セナ、トロ・ロッソに移籍か

2010年1月13日
ブルーノ・セナ
カンポスは、ブルーノ・セナがトロ・ロッソと2010年の契約をできるようにセナをリリースするかもしれない。

カンポスは、予算を集めに苦労しているとされ、2010年の参戦が疑問視されている。

このニュースは、トロ・ロッソがハイメ・アルグエルスアリのシートをオープンなままにしてることにも説明がつく。

カンポス、チーム売却を否定

2010年1月12日
カンポス
カンポスのチーム代表エイドリアン・カンポスは、チームが資金不足で崩壊寸前であるとの報道を否定。カンポスは2010年のグリッドにつくと主張している。

エイドリアン・カンポスは、BBCスポーツの取材に対し、より多くの資金を探していたことを認めつつも「開幕戦にいるだろう」と主張。

情報筋は、カンポスが、チームの株式保有について今はなきA1GPのトニー・ティシェイラと交渉していると語っていた。

トニー・ティシェイラ、カンポスを買収か

2010年1月10日
トニー・ティシェイラ カンポスを買収?
A1GPのトニー・ティシェイラ代表が、カンポスを買収するとの報道がなされている。

カンポス・メタは、2010年のF1グリッドに着くために全力で準備を進めているが、必要なスポンサー契約に署名できておらず、投資家を連れてくることを含めて他の潜在的な収入源を探している。

情報筋は、トニー・ティシェイラへのチーム売却が選択肢のひとつであることを明らかにした。

カンポス、開幕前にチームを売却か

2010年1月9日
カンポス 売却
カンポスは、シーズン前にチームを売却することになるかもしれない。

カンポスに近い情報筋は「我々に予算がないのは秘密ではない。時間はなくなってきている」と語り、唯一の解決策は「売却だ」としている。

カンポスは、スポンサーを惹きつけることができておらず、2010年の完全な予算を集めることができていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム