F1:ゲルハルト・ベルガー 「ジェンソン・バトンをDTMに勧誘したが…」
DMT(ドイツツーリングカー選手権)の代表を務めるゲルハルト・ベルガーは、元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンはドイツのシリーズに関心を示しているが、今のところは参戦するように説得できてないと語る。

ゲルハルト・ベルガーは、昨年のホッケンハイムでジェンソン・バトンとDTM参戦の可能性について話をしたと明かす。

「ホッケンハイムでジェンソンバトンに話しかけた」とゲルハルト・バーガーは Motorsport-Total.com に語った。

「彼はDTMを運転したいと言っていた。だが、その後の話し合いで、私は彼はロサンゼルスに住み続けたいと思っていると感じた」

実際、元マクラーレンのF1ドライバーであるジェンソン・バトンは、婚約者のブリトニーワードと幼い息子ヘンドリックスと一緒に、現在、日当たりの良いカリフォルニア州ロサンゼルスに住んでいる。

しかし、ベルガルト・バーガーは、いかなる関与も完全なコミットメントが必要であり、おそらくロサンゼルスを離れることを余儀なくされるだろうと明言する。

「DTMはタフで絶対にトップレベルだ。成功するには、ヨーロッパに住み、毎日チームと連絡を取り合う必要がある。彼の準備ができているかどうかはわからない」

「男としては、私はDTMで彼に見たかった。私は彼のことが好きだし、彼のことをたくさん考えているが、彼は今、他の興味を育てる人生のフェーズにいると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / DTM(ドイツツーリングカー選手権)