ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、F1日本グランプリの決勝レース後のインタビューでマクラーレン・ホンダの現状を嘆いた。

14番グリッドからスタートしたジェンソン・バトンだったが、非力なマシンで後続を抑えることができず、周回遅れの16位でレースを終えた。

「僕たちにはやらなければならない仕事がたくさんある」とジェンソン・バトンは BBC にコメント。

「僕たちにとって本当にタフだ。僕たちは戦うことにかなり慣れているからね」

「今の僕たちは戦っていない。刀を持たないサムライ戦士のようだ」

関連:フェルナンド・アロンソ、レース中に怒りの無線 「GP2のエンジンかよ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ホンダF1 / マクラーレン