ザウバー 2010年のF1参戦が決定
FIAは、ザウバーに2010年のF1グリッドの最終枠を与えることを発表した。

BMWのF1撤退により、2010年の参戦枠をロータスに明け渡す形となったザウバー。しかし、シーズン終了後にトヨタがF1を撤退し、13番目のグリッドは空席となっていた。

BMWは当初、カドバックにチームを売却することで合意していたが、契約は不成立。その後、チーム創設者であるペーター・ザウバーがチームを買い戻すF1活動を継続することになった。

「FIAは、BMWザウバーAGに2010年F1世界選手権のエントリー申請が成功したことを伝えた」とFIAは声明を発表。

「コンコルド協定にサインすることを前提として、BMWザウバーは、トヨタチームの代わりに13番目のエントリーを与えられる」

「FIAは、ここ数週間にわたって商業権保有者と関連チームとともに密接に取り組んできた。スポーツにとって最高の結果を成し遂げるためにサポートしてくれた彼らに感謝している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: BMW | ザウバー