ジュール・ビアンキ
FIAは、ジュール・ビアンキがF1日本GPの事故で頭部に深刻な外傷を負い、緊急手術を受けていることを発表した。

ジュール・ビアンキは、43周目に同じ場所でクラッシュしたエイドリアン・スーティルのマシンを撤去中のクレーンのリアにノーズから突っ込んだ。

マシンが撤去された後、ジュール・ビアンキは、鈴鹿サーキットのメディカルセンターに運ばれ、その後、意識不明のまま、三重県の総合病院へと救急車で搬送された。

FIAは新たに声明を発行。事故の詳細を発表した。

「42周目、エイドリアン・スーティルはマシンのコントロールを失い、スピンしてターン7の外側のタイヤバリアに衝突した。マーシャルはこの事故を他のドライバーに警告するため、コーナーの手前でダブル・イエロー・フラッグを振った。マシンを持ち上げ、ガードレール背後の安全な場所に移動するため、回収車両が派遣された。この作業をしているときに、カーナンバー17のジュール・ビアンキがマシンのコントロールを失い、ランオフエリアを横切って、牽引車の後部に衝突した」

「マーシャルが、ドライバーが負傷していることを報告すると、医療チームが派遣され、セイフティカーが出動した。その後、救出チームと救急車が続いた」

「ドライバーはマシンから引き出され、サーキットの医療センターに運ばれ、その後三重総合病院に救急車で搬送された。

「CTスキャンから、彼は重症頭部外傷を負っていることが確認され、現在手術を受けている。手術後、彼は集中治療室に移され、モニタリングを受ける」

「三重総合病院は、更なる情報が入手り、次第アップデートを発表する予定である」

ジュール・ビアンキの父フィリップはフランスの報道機関に「息子は急性硬膜下血腫の症状を起こした」と語ったという。

ジュール・ビアンキ 画像 画像

関連:ジュール・ビアンキ、クラッシュで意識不明の重体

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジュール・ビアンキ | F1日本GP | マルシャ