ルーベンス・バリチェロ、ロータスでのF1イタリアGPへの出場に名乗り

2012年9月4日
ルーベンス・バリチュロ
ルーベンス・バリチュロが、F1イタリアGPでのロマン・グロージャンの代役に名乗りを上げている。

ロマン・グロージャンは、先週末のF1ベルギーGPのオープニングラップでフェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトン、セルジオ・ペレスをリタイアに追い込んだ多重クラッシュの原因になったとして1レースの出場停止処分を科せられており、現在ロータスは代役を評価している。

ルーベンス・バリチェロ、F1とインディカーの違いを語る

2012年8月15日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、20年近いF1キャリアの後、インディカーを走らせてショックを受けたと認めた。

競争力のないウィリアムズの2011年マシンを走らせたあとでさえ、インディカーは遅く感じたかと質問されたルーベンス・バリチェロは「そうだね。最初はね」とコメント。

「でも、インディアナポリスに行けば、スピードについて違った考えを持つようになる」

ルーベンス・バリチェロ 「僕ならもっとウィリアムズの役に立てる」

2012年8月15日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、まだF1での仕事が終わったとは考えておらず、今年自分がウィリアムズに乗っていたら、チームのためにもっと良い仕事ができたはずだと考えている。

「戻る道はまだあると思う」とルーベンス・バリチェロは Auto Motor und Sport にコメント。

昨年末、F1参戦20年目を前にウィリアムズのシートを失ったルーベンス・バリチェロは、“ブラザー”と呼び合うトニー・カナーンのいるインディカーに転向した。

ルーベンス・バリチェロ、インディ500の予選ポールデイで10番手

2012年5月21日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、インディアナポリス500マイルレースの予選初日に平均時速224.264マイルを記録。トップ9は逃したものの、初のインディ500の予選で10番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (10番手)
「本当に満足している。変な1日だったよ。プラクティスを終えてマシンに戻るまでの2時間の感情がどうだったかを言い表すことはできないね」

ルーベンス・バリチェロ、2002年のフェラーリの“脅迫”を暴露

2012年5月11日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、悪名高い2002年のF1オーストリアGPで、フェラーリから彼のモーターレーシングのキャリアを終わらせるとも受け取れる脅迫を受けていたことを明かした。

10年前、ルーベンス・バリチェロはA1リンクでのレースで先頭を走行していたが、最終的に最後のコーナーでチームオーダーに屈して、チームのナンバーワンドライバーだったミハエル・シューマッハに勝利を譲った。

ルーベンス・バリチェロ 「オーバルでの走行はF1とは非常に異なる」

2012年5月8日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、高速オーバルでインディカーで初走行。F1での19年間の経験とは非常に異なるものだと述べた。

ウィリアムズのシートを失って今年からインディカーに転向したルーベンス・バリチェロは、月曜日にテキサス・モーター・スピードウェイで行われたテストに参加。高速オーバルでの走行を初体験した。

ルーベンス・バリチェロ、F1復帰を諦めず

2012年5月7日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、まだF1キャリアを諦めてはいない。

19年間F1に参戦し、F1史上歴代最多記録を持つルーベンス・バリチェロは、2012年にウィリアムズのレースシートを失い、インディカーに戦いの場を移した。

「楽しんでいるよ」とルーベンス・バリチェロは O Estado de S.Paulo にコメント。

ルーベンス・バリチェロ、バーレーンとブラジルの比較に怒り

2012年4月20日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、ブラジルとバーレーンの安全状況を比較しているF1関係者を非難した。

水曜日の夜、フォース・インディアのメカニックがトラックからの帰路に事故に巻き込まれたことで、バーレーンでレースを開催することの妥当性についての疑問が再熱している。

だが、バーレーンにいることはブラジルと同様に危険であるとの見方が続いていることについて、ルーベンス・バリチェロは怒りを露わにした。

ルーベンス・バリチェロ 「オファーがあればフェラーリで走る」

2012年4月5日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、F1復帰する可能性を閉ざしてはおらず、オファーがあればフェラーリでF1復帰すると述べた。

今年、ルーベンス・バリチェロはウィリアムズのF1シートを失い、インディカーに転向。だが、トップチームからオファーがあった場合に復帰できるように準備しておかなければならないと述べた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム