ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、2014年にザウバーから電撃復帰するという噂が浮上している。

ザウバーは、2014年にロシア人ドライバーのセルゲイ・シロトキンF1デビューさせる意向を明らかにしており、ニコ・ヒュルケンベルグは、ロータスかマクラーレンへ移籍すると予想されている。

だが、セルゲイ・シロトキンと現ドライバーのエステバン・グティエレスという組み合わせは、非常に若く、経験不足なラインナップとなる。

2011年末にウィリアムズのシートを失ったグランプリ最多出走記録保持者のルーベンス・バリチェロであれば、それらの問題を十分に解決できるかもしれない。

ルーベンス・バリチェロが、F1復帰することになれば、1970年からグリッド上で続くブラジル人ドライバーの伝統は守られることなり、フェリペ・マッサのスポンサー探しに協力しているバーニー・エクレストンも歓迎するだろう。

フェラーリやホンダでもドライバーを務めたルーベンス・バリチェロは、通算11勝のグランプリ勝利を挙げており、Auto Motor und Sport によると“1,000万”単位の個人スポンサーを引っ提げて2014年のシート争いに戻ってきたという。

今年、ブラジル放送局 Globoのコメンテーターとしてパドックを訪れているルーベンス・バリチェロは「必要なのは首のトレーニングだけだ」とコメント。

「そうすれば明日にでもレースできる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / ザウバー