ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、来年ブラウンGPのシートをニコ・ロズベルグに奪われるとみられており、F1における将来の計画は完全にオープンであることを認めた。

チームメイトのジェンソン・バトンとワールドチャンピオン争いをしているバリチェロだが、ブラウンGPから将来の保証を得られてはいない。

来年は、ニコ・ロズベルグがバトンのパートナーとしてブラウンGPに移籍するとみられている。

バリチェロは、2010年にブラウンGPに残留できない可能性があると語り、状況はかなり流動的だと述べた。

「F1に留まりたい。それが今のチームになるのか別のチームになるのかはわからない。将来はかなりオープンだ。近いうちに何らかの発表をしたい」

「今のところ何の噂もないことに満足している。黙って仕事をすることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ | ブラウンGP