ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2012年に20年目のF1キャリアを得るために時間を気にせず取り組んでいることを明らかにした。

ウィリアムムは、今シーズン限りでバリチェロの交代を検討しているとされ、キミ・ライコネン、エイドリアン・スーティル、バルテリ・ボッタス、ギド・ヴァン・デル・ガルデといった名前が候補にあげられている。

ルーベンス・バルチェロは、F1参戦322戦目となる今週末のF1ブラジルGP前にスポンサー資金を持った上記のドライバーと戦うために舞台裏で懸命に働いていたと O Estado de に語った。

「ここ2ヶ月は、海外でレースをするためにスポンサーを探していた1990年よりも多くの会社を訪問した。F1を続けたいという僕の願望はそれくらい大きい」とルーベンス・バリチェロはコメント。

「僕たちは参加できるユニークなカタチを(スポンサーに)提供している。ただのブランド露出ではなくカスタマイズされたものだ。英国人の言う“テーラーメイド”だね」

ルーベンス・バリチェロは、彼のボスであるフランク・ウィリアムズとアダム・パーが、より多くの資金を提供できるドライバーと契約しようとしていることを認めた。

「だが、彼らは僕のスピードと経験をあてにできることを知っている」とルーベンス・バリチェロは主張。

だが、ルーベンス・バリチェロは、不確実性は不慣れではないと述べ、2009年序盤に旧ホンダが資金に苦しんでいたためシートを失うリスクがあったことを明らかにした。

「ロス・ブラウンは、僕にはチャンピオンシップを終えるための資金が必要だといった。なので、第4戦後に誰かがスポンサーを持ってきたら、僕は諦めなければならなかっただろう」

だが、その一方でルーベンス・バリチェロは引退の覚悟もしている。

「僕は幸せな男だ。そうだね、どうあっても準備していなければならない。いつかは辞めなければならない。それが神に意思なのでされば僕はそれに従うし、子供たちも成長してるので彼らにとってはさらに良いだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / ウィリアムズ