ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2012年のウィリアムズのレースシートを獲得することを諦めてはいないと述べた。

ウィリアムズは、2012年のドライバーラインナップを決定する前に、来週のアブダビ若手ドライバーテストでサードドライバーのバルテリ・ボッタスがどのようなパフォーマンスをみせるかを待っており、またキミ・ライコネンと交渉を行っていることも認めている。

ルーベンス・バリチェロは、チームと交渉しているとされる他のドライバーの多くは推測だと考えており、まだシートを獲得するチャンスはあると信じている。

「多くの話があると思う。彼らが僕に真実を話していると信じているし、噂が現実よりもずっと大きくなっているのは事実だ」とルーベンス・バリチェロはアブダビでコメント。

「2008年に本当に噂を信じていれば、ブルーノ・セナがブラウンと契約していただろう。なので、待たなければならないし、信じなければならない。チームと会談したとき、彼らは僕に正しいことを言っていると思うし、僕はただ待たなければならない」

まだルーベンス・バリチェロは、ウィリアムズがキミ・ライコネンと交渉していることも軽視している。

「正直、キミとは話をしたことがない。彼がレースをしていたときでさえね。なので、彼はチームとごくわずかしか話をしていないと思っている」

2012年の契約を確保していないルーベンス・バリチェロだが、の最終戦が彼のF1での最後のレースになると思ってブラジルに向かうつもりはないと述べた。

「それでもタフだ。それが仕事だし、人々が電話してくるのを待っている」

「唯一考えていることは、この先もいたいということだ。ちょうど2008年にに似ていると思っているし、ポジティブなままだ」

「何の確証もなくブラジルGPに行くことになるかもしれないけど、ファンにさよならは言っていない。来年もいたいし、僕はリスクを冒している」

「7月に5年契約にサイン出来れば理想的だ。そうなればとても理想的だった。そうはいってもF1はビジネスになったし、状況はチームによって検討されるものだと思う。僕たちは静観するしかない。チームは僕にとてもモチベーションを与えてくれるし、僕はただ答えを待っている。神が望めば、僕は20年目のグリッドに並んでいるだろう」

「競争力のあるチームと交渉していることは素晴らしい状況だ。僕は1年目や2年目だったらとても心配だったと思うけど、かなり長い時間いるし、彼らはなぜまだ僕と契約しないのかと不満を言うことは虫が良過ぎると思う。僕はただ前向きに集中するだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / ウィリアムズ