ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、F1引退後の人生を恐れていないと語る。

ウィリアムズは2012年のドライバーラインナップをまだ発表していないが、ベネズエラと国営石油会社PDVSAがスポンサーとして長期的な支援を行っているパストール・マルドナドはシートを保証されていると考えられている。

だが、ルーベンス・バリチェロは今季限りで放出されるとの見方が強い。

ウィリアムズの共同オーナーであるトト・ヴォルフは、キミ・ライコネンと2012年の契約について「真剣な」交渉を行っていることを認めており、エイドリアン・スーティルや、ジュール・ビアンキにも「関心」を持っていると述べた。

ルーベンス・バリチェロは、母国グランプリとなる最終戦F1ブラジルGPまでに答えを知りたいと Totalrace に述べた。

「僕の気持ちとしては、インテルラゴスにうまく前に知っておきたい。今回のブラジルGPが自分にとってF1での最後のレースになるとは考えていないけどね」とルーベンス・バリチェロはコメント。

「インドGPの週末に状況をより理解できたし、なぜ(2012年のドライバー決定に)これほど時間がかかっているか少しわかった。残念ながら、待たなければならない」

「F1でレースがしたいのは100%だけど、そうでなければ他の選択肢もある。ルチアーノ・ブルティやオリビエ・パニスといっ人々は、F1引退後の人生はもっとよくなることかもしれないと言っている」

「そのときがきたら、お別れパーティーをするつもりだ。F1にはとても多くの知り合いがいるし、黙って消えるわけにはいかないからね」

「なるようにしかならないけど、来年もグリッドに並べることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / ウィリアムズ