2024年05月のF1情報を一覧表示します。

ランド・ノリス F1エミリア・ロマーニャGP決勝「あと1~2周あれば勝てた」

2024年5月20日
ランド・ノリス F1エミリア・ロマーニャGP決勝「あと1~2周あれば勝てた」
ランド・ノリスは、2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの決勝で「あと1~2周」あればマックス・フェルスタッペンを抜いて優勝できた可能性があると考えている。

ノリスは序盤のスティントでフェルスタッペンとのペースを維持できず、8秒差まで後退したが、終盤に猛チャージをかけ、レッドブルに迫った。

角田裕毅 F1エミリア・ロマーニャGP決勝「スタートでヒュルケンベルグに先行されたのが響いた」

2024年5月20日
角田裕毅 F1エミリア・ロマーニャGP決勝「スタートでヒュルケンベルグに先行されたのが響いた」
角田裕毅は、2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの決勝で10位入賞を果たした。

7番グリッドからミディアムタイヤでスタートした角田裕毅は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)に抜かれて2つ順位を落とし、ヒュルケンベルグを抜けずに周回を重ねていく。

【動画】 2024年F1エミリア・ロマーニャGP 決勝 ハイライト

2024年5月20日
【動画】 2024年F1エミリア・ロマーニャGP 決勝 ハイライト
F1エミリア・ロマーニャGP 決勝のハイライト動画。5月19日(金)にイモラ・サーキットで2024年のF1世界選手権 第7戦 エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われた。

気温25度、路面温度44度のドライコンディションで63周のレースはスタート。オーバーテイクが難しいという前評判だったが、戦略とタイヤライフの違いによって直接の順位を争っていないにしろ、エキサイティングなオーバーテイクシーンがいくつか見られた。

セバスチャン・ベッテル アイルトン・セナのF1マシンで追悼デモ走行

2024年5月20日
セバスチャン・ベッテル アイルトン・セナのF1マシンで追悼デモ走行
セバスチャン・ベッテルは、F1エミリア・ロマーニャGPに先立って、アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーへのオマージュが続くイモラ・サーキットで、セナの古いF1マシンの1台で特別な、そしてかなり感動的なデモ走行を行った。

アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーは、約30年前にサーキットで別々の事故で命を落としており、ベッテルや他の多くの人が今週末のイベントにパドックを訪れ、さまざまな追悼の意を表した。

角田裕毅 F1エミリア・ロマーニャGP決勝10位 フェルスタッペン今季5勝目

2024年5月20日
角田裕毅 F1エミリア・ロマーニャGP決勝10位 フェルスタッペン今季5勝目
2024年のF1世界選手権 第7戦 エミリア・ロマーニャGPの決勝が5月19日(日)にイモラ・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が優勝した。

フェルスタッペンは、通算59勝目、今季5回目のポール・トゥ・ウィンとなったが、第2スティントのハードタイヤに苦戦。2位でフィニッシュしたランド・ノリス(マクラーレン)に0.725秒差まで迫られた。

F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:優勝はフェルスタッペン 角田裕毅が10位

2024年5月19日
F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:優勝はフェルスタッペン 角田裕毅が10位
F1エミリア・ロマーニャGP 決勝の結果。5月19日(日)にイモラ・サーキトで2024年のF1世界選手権 第7戦 エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われた。

気温25度、路面温度44度のドライコンディションで63周のレースはスタート。オーバーテイクが難しいという前評判だったが、戦略とタイヤライフの違いによって直接の順位を争っていないにしろ、エキサイティングなオーバーテイクシーンがいくつか見られた。

2024年F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:結果・順位表

2024年5月19日
2024年F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:結果・順位表
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP 決勝の結果速報。5月19日(日)にイモラ・サーキットで2024年のF1世界選手権 第7戦 エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われた。

優勝はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。2番手にランド・ノリス(マクラーレン)、3番手にシャルル・ルクレール(フェラーリ)が続いた。角田裕毅(RB)は10位でフィニッシュした。

F1エミリア・ロマーニャGP:セナとラッツェンバーガーの没後30年トロフィー

2024年5月19日
F1エミリア・ロマーニャGP:セナとラッツェンバーガーの没後30年トロフィー
2024年F1エミリオ・ロマーニャGPでは、アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーがイモラ・サーキットで亡くなってから30周年にに特別な敬意を表したトロフィーが授与される。

1994年のサンマリノGP週末に両ドライバーが命を落としてから今年で30年となる。イモラでは、昨年の同地域での大規模な洪水による中止以来、エミリア・ロマーニャ・グランプリでF1が復活する。

フェルナンド・アロンソ F1エミリア・ロマーニャGPでピットスタート

2024年5月19日
フェルナンド・アロンソ F1エミリア・ロマーニャGPでピットスタート
フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンがF1マシンに変更を加えたため、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝をピットレーンからスタートする。

アロンソが予選19番手に終わったのは、路面が最も速く、アロンソのアストンマーティンが最適な燃料量まで落ちていたセッション終盤にマシンのトラブルでピットに呼ばれたことが原因だった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 35 | 36 | 37 || Next»
 
F1-Gate.com ホーム