レッドブルF1代表 「ジョージ・ラッセルはメルセデスF1を強化する」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍することが待ち切れないとし、彼の存在はチャンピオンシップチームを強化するだろうと語る。

ウィリアムズとの3年間の形成期を経て、ジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスF1に移籍してルイス・ハミルトンのチームメイトとなり、次のレベルへと進む。

23歳のジョージ・ラッセルは、今年の傑出したパフォーマンスを見せており、メルセデスF1は来年、経験と才能にあふれた若者と7回のF1ワールドチャンピオンという2022年のグリッドで最強のラインナップを構成する可能性がある。

「彼がチームを強化するのは確かだ」とレッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は素晴らしい才能だ。ウィリアムズでそれを目にした。彼はフロントロースタートと表彰台を獲得している。そして、彼は明らかに将来の才能だ」

「トト(ヴォルフ/メルセデスF1チーム代表)が来年彼を起用する理由は一目瞭然だ。彼は本当にそのチャンスに値すると思う。どのような展開になるかは時間だけが教えてくれる」

専門家はジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンに挑戦すると予測しており、クリスチャン・ホーナーにとってもそれは魅力的な見通しだ。

「このスポーツや他のスポーツで時間が止まることはない。常に新しい才能が出てきて、常に誰かがやってくるので、誰にとってもそれを見るのはエキサイティングだと思う」とクリスチャン・ホーナーはは付け加えた。

「我々マックスでそれを見てきたし、ジョージは同じ種類の時代と同じ種類の同類から来た。彼がそのような環境でどのように進み、メインステージにステップアップするかを見るのは魅力的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス / ジョージ・ラッセル